最新記事

2020米大統領選

バイデン勝利にラティーノ票の不安 民主党がハートをつかみきれない訳

THE FIGHT FOR THE LATINO VOTE

2020年10月16日(金)17時15分
エイドリアン・カラスキーヨ(本誌政治担当記者)

magw201014_Biden3.jpg

ラティーノ社会はコロナ被害が深刻(携帯用PCR検査キット) BEN HASTY-MEDIANEWS GROUP-READING EAGLE/GETTY IMAGES


なぜ支持が伸びないのか。「みんな生活苦とコロナへの不安で頭がいっぱいで、大統領選どころではないのだろう」と言うのは、テキサス州選出の下院議員ホアキン・カストロだ。それでも「彼らがバイデンを支持していないわけではない」と、民主党の広報室に勤務した経験もあるクリスチャン・ラモスは言う。「だがバイデンの声が彼らに届き、彼らを動かせるかどうかは疑問だ」

前上院院内総務のハリー・リードを含む陣営の幹部は以前から、まだラティーノ有権者のハートをつかめていないと警告してきた。ラティーナ(中南米系の女性)で初めて上院議員となったキャサリン・コルテス・マストを含むネバダ州選出の民主党議員たちも、陣営による配慮の不足に懸念を表明したという。

もちろん、ラティーノも一枚岩ではない。出身国によって文化は異なるし、移住の経緯も異なる。日常的に英語を使う人もいれば、スペイン語の人もいる。同じラティーノでもメキシコ系の多い南西部ではバイデン支持が多いが、南東部のフロリダではキューバ系の存在感が高く、彼らは極めて保守的だ。またプエルトリコ系は基本的に民主党支持だが、2016年にも18年にもキューバ系より投票率が低かった。

侮れない偽情報の破壊力

フロリダではラティーノが有権者の20%を占めている。元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグは先頃、反トランプの立場から、フロリダでのバイデン支持を盛り上げるために1億ドルの資金提供を約束した。最近の世論調査で、4年前のクリントンに比べてバイデンが大票田のマイアミデード郡で苦戦していることが分かったからだ。

2012年の大統領選では、マイアミデード郡でオバマがロムニーに24ポイントの差をつけた。4年前のクリントンも、支持率63%で34%のトランプに大差をつけた。しかし9月の世論調査でバイデンの支持率は55%。対するトランプは38%で、その差はわずか17ポイントだった。州内で最も民主党支持者が多いはずの郡で支持が盛り上がらないのは不吉な兆候だ。

しかも今のラティーノたちは、テレビやラジオから流れる中傷広告に加え、ソーシャルメディアに氾濫する偽情報とも闘わなくてはならない。「ラティーノ社会を標的とする大量の偽情報との闘いは続く」と言うのは、ラティーノの有権者登録を支援しているマリア・テレサ・クマル。バイデン陣営には「偽情報をかき消す努力が必要」だと言う。

「私たちもそれを心配している」と言うのは、かつてハリー・リード前上院議員(民主党)を支えていた活動家のホセ・パーラだ。「今の民主党はマイアミデード郡で支持を失っているようだ。ヒスパニック系のメディアでもたたかれている」

悪質な偽情報は伝統的なメディアだけでなく、ネット上にも拡散されている。そこではキューバやベネズエラから来た有権者が、バイデンはフィデル・カストロやウゴ・チャベス型の社会主義者だと繰り返し聞かされている。

ニュース速報

ワールド

訂正-米バイデン政権、国有地での石油・ガス掘削許可

ビジネス

焦点:イエレン氏の「大きな行動」発言に透ける、政府

ワールド

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画

ワールド

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 3

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週間与える提案

  • 4

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 5

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    反政府団体らがオレゴン州民主党支部を襲撃 バイデ…

  • 8

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 9

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 10

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月