注目のキーワード

米大統領選

ニューズウィーク日本版『米大統領選』に関する記事一覧

コロナ恐慌がバイデンを変えた......目覚めた「眠そうなジョー」はルーズベルトを目指す
2020米大統領選

コロナ恐慌がバイデンを変えた......目覚めた「眠そうなジョー」はルーズベルトを目指す

<いま必要な処方箋は新ニューディール政策だ──そんな熱い信念が穏健派の前副大統領を突き動かす> 今...

2020.07.09
        
2020年米国大統領選挙を左右する第三極政党の動向
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

2020年米国大統領選挙を左右する第三極政党の動向

<トランプ大統領vsバイデン元副大統領の戦いのみがクローズアップされるが、第三極政党の候補者らの動向...

2020.07.03
        
トランプ政権の腐敗を暴くボルトン回顧録の破壊力、しかしその動機は「肥大した自尊心」
CIAが視る世界 グレン・カール

トランプ政権の腐敗を暴くボルトン回顧録の破壊力、しかしその動機は「肥大した自尊心」

<回顧録はボルトンの性格やこれまでの仕事ぶりそのもの。トランプ政権の腐敗を白日の下に晒し、一翼を担っ...

2020.06.30
        
黒人差別抗議デモでNASCARは「南軍旗」を禁止したのに(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

黒人差別抗議デモでNASCARは「南軍旗」を禁止したのに(パックン)

<「黒人は白人の所有物」と主張した南軍の象徴であり、不快な気持ちをいだくアメリカ人が多い南軍旗をめぐ...

2020.06.26
        
久しぶりのトランプ選挙「醜会」で分かったこと
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

久しぶりのトランプ選挙「醜会」で分かったこと

<3カ月ぶりに開催した選挙集会でも、嘘と個人攻撃と自慢話ばかりだったトランプ大統領> 「Good ...

2020.06.24
解任されたボルトンがトランプに反撃 暴露本の破壊力は大統領選を左右する?
トランプ政権

解任されたボルトンがトランプに反撃 暴露本の破壊力は大統領選を左右する?

<前大統領補佐官の回顧録では、トランプが再選を確実にするために他国政府に働きかけ、G20大阪サミット...

2020.06.23
空席だらけのトランプ選挙集会は落ち目のしるし?
トランプ

空席だらけのトランプ選挙集会は落ち目のしるし?

<トランプ陣営の事前予想100万人が大はずれで会場はガラガラ。選挙集会を必ず満員にしたトランプの力は...

2020.06.22
        
窮地のトランプは「法と秩序」カードで68年ニクソン勝利の再現を狙う
CIAが視る世界 グレン・カール

窮地のトランプは「法と秩序」カードで68年ニクソン勝利の再現を狙う

<新型コロナ流行、経済の崩壊、人種差別への抗議デモ──。3つの危機はトランプ再選の足かせとなりそうだ...

2020.06.17
        
トランプvsバイデン、どちらが世界に戦争をもたらす可能性があるのか
リバタリアン・マインド 渡瀬 裕哉

トランプvsバイデン、どちらが世界に戦争をもたらす可能性があるのか

<トランプ政権は良かれ悪しかれ戦争や紛争を巻き起こすほど十分な軍事力や外交力を持つことはできなかった...

2020.06.12
        
「今やアメリカの指導者は嘘つきで英雄などどこにもいない」元CIA工作員のコロナ在宅日記
CIAが視る世界 グレン・カール

「今やアメリカの指導者は嘘つきで英雄などどこにもいない」元CIA工作員のコロナ在宅日記

<アメリカは常に成功し問題を解決する国だった。それが今では指導者は嘘つきで、英雄なんてどこにもいない...

2020.06.03

人気ランキング

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら