コラム

名峰に囲まれた地「冬の桃の花」と国蝶・オオムラサキの追憶

2019年12月24日(火)16時15分
名峰に囲まれた地「冬の桃の花」と国蝶・オオムラサキの追憶

撮影:内村コースケ

第14回 韮崎駅 → 長坂駅
<平成が終わった2019年から東京オリンピックが開催される2020年にかけて、日本は変革期を迎える。令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことになるだろう。その新時代の幕開けを、飾らない日常を歩きながら体感したい。そう思って、東京の晴海埠頭から、新潟県糸魚川市の日本海を目指して歩き始めた>

map1.jpg

「日本横断徒歩の旅」全行程の想定最短ルート :Googleマップより

map2.jpg

これまでの13回で歩いてきたルート:YAMAP「活動データ」より

◆日本の象徴を見つめるガンダムサイズの女性的な観音像

7R400745.jpg

今回のスタート地点、JR韮崎駅方面から平和観音に向かうワインディングロード。正面に富士山が見えた

7R400762.jpg

七里岩の突端にそびえる韮崎平和観音

JR韮崎駅を見下ろす丘に、巨大な白い観音像が立っている。東京育ちの僕は、同様の観音像と言えばもっぱら神奈川県の大船観音だと思っていたが、そちらは高さ25mの半身像。東京湾を挟んだ千葉県富津市には、全身像で高さ56mの東京湾観音があるとのことだが、僕は実物を見たことがない。全国に広げると、群馬県の高崎白衣大観音(1936年・41.8m)、福岡県の久留米大観音(1983年・62m)、石川県の加賀大観音(1988年・73m)があり、建立年が新しくなるにつれ、巨大化している。1990年に完成した仙台大観音に至っては高さ100m。「観音像の巨大化のインフレ、ここに極まれり」である(参考までに、初代ウルトラマンの身長は40mと設定されている)。

さて、韮崎の観音様は、体高16.6m(台座込みで18.3m)と控え目だ。これは東京・お台場に1/1サイズの立像があったRX-78-2ガンダム(18m)と同等のサイズである。控え目だと言っても他の巨大観音像が大きすぎるだけで、実際に真下に行って見上げると圧倒される。正式名称は「韮崎平和観世音菩薩立像」。市民には「平和観音」と親しまれている。観世音菩薩は、本来男性だったとされるが、世俗的な信仰では女性と見る向きが多いため、性別のない中性的な存在とするのが一般的だ。その中で、この平和観音は非常に女性的なフォルムで造られているのが特徴的である。

全国の巨大観音像は大きく分けて寺が建立したものと、個人の篤志家が建立したものがあるが、この平和観音は後者である。韮崎の駅前で菓子商を営んでいた秋山源太郎という地元資産家が、韮崎の観光の目玉として、また、「平和で明るい町づくりのシンボル」として建てたのだという。1958(昭和33)年に着工し、翌年の伊勢湾台風による釜無川の氾濫で土台が流されるという苦難を乗り越え、1961(昭和36)年4月に完成。その2年前の皇太子殿下(現・上皇さま)ご成婚記念という名目もついている。

平和観音は、七里岩と呼ばれる釜無川沿いの崖状の台地の突端に立っている。視線の先には富士山がそびえ、ロケーションとしては国内巨大観音像の中でも最高の部類に入るのではないだろうか。観測史上最大と言われた今年の台風19号の被害が記憶に新しい中、自然災害を乗り越えて建立されたという経緯を知ると、災害大国・日本の象徴である富士山を見つめるその姿が、さらに慈愛に満ちて見えた。

7R400756.jpg

平和観音の視線の先には富士山がそびえる

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。

キーワード

ニュース速報

ワールド

韓国人男性射殺巡り北朝鮮に調査要請へ=韓国大統領府

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット氏を指名意向

ビジネス

三菱自、希望退職500—600人規模募集へ 管理職

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 7

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 8

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 9

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 10

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!