注目のキーワード

日本

ニューズウィーク日本版『日本』に関する記事一覧

        
かんぽ生命不正販売、3人謝罪会見が象徴する「責任の分散」という要因
人間心理の組織論・キャリア論 松岡保昌

かんぽ生命不正販売、3人謝罪会見が象徴する「責任の分散」という要因

<以前から不正の認識があったはずなのに、なぜもっと早く止められなかったのか。不正を働く企業には共通す...

2019.08.23
「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激的な中身
韓国社会

「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激的な中身

<今の韓国社会の雰囲気とは真逆を行く書籍『反日種族主義』だが、韓国の書店でベストセラーになっている>...

2019.08.23
和歌山カレー事件、林眞須美死刑囚の長男が綴る「冤罪」の可能性とその後の人生
BOOKS

和歌山カレー事件、林眞須美死刑囚の長男が綴る「冤罪」の可能性とその後の人生

<21年前に日本中を騒がせ、4人が死亡した毒物混入事件は、冤罪だったという説がある。ツイッターを始め...

2019.08.21
        
日本はいま「○○レス」の時代!? 本来あるはずのものがないモノたち
日本再発見

日本はいま「○○レス」の時代!? 本来あるはずのものがないモノたち

<ないほうが便利だから、あるいは、ないほうが健康的だから――。日本では近頃、さまざまな分野に「○○レ...

2019.08.20
世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?
ロボット

世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

<この発想はなかった、さすが日本、と世界中が感心したまったく新しいロボットとは> 慶應義塾大学の研...

2019.08.16
慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危険性
コロンビア大学特別講義

慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危険性

<マスメディアや国家の式典などによって伝達されるものは「記憶」であり、歴史家が書く史実ではない。それ...

2019.08.15
9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当化してきた理由
コロンビア大学特別講義

9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当化してきた理由

<終戦から74年を迎えた東京で、「記憶の歴史」をテーマに研究中のアメリカ人大学院生がいる。彼は約半数...

2019.08.15
「性欲はなぜある?」が揺るがす常識 現代美術家・長谷川愛が示す「未来」
インタビュー

「性欲はなぜある?」が揺るがす常識 現代美術家・長谷川愛が示す「未来」

見た者はざわつきとともに考えずにはいられなくなる。そんな作品を発表し続けてきた現代美術家・長谷川愛さ...

2019.08.14
「撃たれやすい顔」を検知する「銃」──現代美術家・長谷川愛とは何者か
インタビュー

「撃たれやすい顔」を検知する「銃」──現代美術家・長谷川愛とは何者か

死角から飛んできたボールは避けようがない。直撃されて脳と心が揺さぶられる。現代美術家・長谷川愛さんの...

2019.08.14
太平洋諸国で存在感を強める中国 米国は「肉食獣の経済力」を懸念
中国

太平洋諸国で存在感を強める中国 米国は「肉食獣の経済力」を懸念

日が昇る前の早朝、潮が引いたサモアのサバイー島では、米国が作った古い滑走路の残骸が姿を現す。何十年も...

2019.08.13
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら