最新記事

メディア

「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送規制

2018年1月31日(水)18時50分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

SOUTH CHINA MORNING POST

<検閲に力を入れ過ぎるあまり、運動選手やリスのビキニ姿にまで...>

イスラム教徒の多いインドネシアでは、「ドラえもん」の放映も一苦労だ。香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)が報じるところによると、保守的なイスラム教徒からの批判を恐れたインドネシアのテレビ局は海外から輸入したコンテンツの放映に神経をすり減らしている。漫画はシーンによってカットされたりぼやかされたり、女性の運動選手やミスコン出場者にもモザイクがかかる。

SCMPによると、検閲の対象は今後、インターネット配信にまで広がる可能性があるという。ただ、子供を持つ一部の親たちはこの動きを歓迎しているようだ。


(女性の競泳選手は顔から下にモザイクがかけられる)

警告3回で放送許可を取り下げ

インドネシア情報省のもと、国内の放送監督を行うインドネシア放送委員会(KPI)は、行動規範と放送規格に違反していると思われるコンテンツに警告を出す機関。罰金は設けられていないが、段階的に警告を発し、3回目の警告の後には放送事業者の放送許可を取り下げる権限を持っている。ただ、放送されるコンテンツの検閲は放送事業者の責任の範疇で、この警告を恐れて過度な放送規制が自主的に行われているようだ。

例えば、KPIは今年、キスシーンを含んだ番組を放映しようとしたテレビ局に対し、警告を出した。その番組は愛憎渦巻く昼メロドラマかと思いきや、日本でも人気のイギリスアニメ「ひつじのショーン(Shaun the Sheep)」。問題とされたキスシーンは性的に見えるものではなかったという。

KPIは、児童保護に関する法律と、放送行為規範および放送規格の性的内容制限に関する法律に違反すると判断したそうだ。KPIの広報担当アンディ・アンドリアントによると「該当するシーンは女性の胸の谷間にリングが落ちるところから始まり、それからカップルはお互いを見つめ合ってキスした」そうだ。それで、この番組は幼い子供たちにとって不適切だと判断したとSCMPに説明した。

ニュース速報

ワールド

G7外相、ロシアの有害な行動への反対で結束=米高官

ワールド

中国、あらゆる形の保護主義に反対─商務相=人民日報

ビジネス

正午のドルは107円後半、底堅い動き

ワールド

北朝鮮の核実験停止など、一歩前進し前向きな動きと歓

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月