最新記事

メディア

「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送規制

2018年1月31日(水)18時50分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

リスのビキニ姿もNG

法に触れると言われたらそれまでだが、KPIの圧力によって放送事業者の検閲が行き過ぎた状態になっているのは事実だ。近年、子供が読む漫画などで、数々の「やりすぎ検閲」の事例が挙げられている。

インドネシアの西ジャカルタ市に拠点を置く民間局「Global TV」は2015年に、子供向け番組における暴力コンテンツの制限に違反したため、「ドランゴンボール」の戦闘シーンを複数カットした。さらにその数ヶ月後には、世界中で愛される人気アニメ「スポンジ・ボブ(SpongeBob SquarePants)」の主要キャラクターのリスのサンディがビキニ水着を着ていたという理由でモザイク処理された。「ドラえもん」のしずかちゃんも同様の対応がされている。

(モザイク処理されたリスのサンディ) (行き過ぎた報道規制を嘆くインドネシア人男性の投稿)


KPIは放送事業者に責任をなすりつけ

一方ですべての国民が「やりすぎ検閲」に甘んじているわけじゃない。SNSに目を向けた多くの視聴者は、KPIと御上に忖度する放送事業者に怒りをあらわにした。

KPIのユリアンドレ・ダルウィス議長はSCMPのインタビューに対し、検閲をしているのはあくまで放送事業者だと強調。KPIは単に放映された番組を監視するだけで、検閲自体の責任は放送事業者にあることを示唆した。

ダルウィスによると、法律に違反するのは、人の胸、腿または臀部の接写という。しかし、この規制がアニメキャラクターにも適用されるかどうかについては言及されていない。

ダルウィスは「放送事業者が法律を明確に理解する必要がある」と言うが、事業者はグレーゾーンに切り込むよりも保守的な検閲をしたほうが得策だと考えた結果が今の状況だろう。

そして規制はさらに加速しそうだ。インドネシアでは現在、放送規律機関の設置等の規定が盛り込まれた放送法の見直しが進められている。見直しでは、インターネットストリーミングサイトも監視の対象に含まれる。ダルウィスは、インターネットの規制がテレビ放送事業者と同等かどうかについて明言を控えており、雲行きの怪しさを感じずにはいられない。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月