最新記事

メディア

「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送規制

2018年1月31日(水)18時50分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

リスのビキニ姿もNG

法に触れると言われたらそれまでだが、KPIの圧力によって放送事業者の検閲が行き過ぎた状態になっているのは事実だ。近年、子供が読む漫画などで、数々の「やりすぎ検閲」の事例が挙げられている。

インドネシアの西ジャカルタ市に拠点を置く民間局「Global TV」は2015年に、子供向け番組における暴力コンテンツの制限に違反したため、「ドランゴンボール」の戦闘シーンを複数カットした。さらにその数ヶ月後には、世界中で愛される人気アニメ「スポンジ・ボブ(SpongeBob SquarePants)」の主要キャラクターのリスのサンディがビキニ水着を着ていたという理由でモザイク処理された。「ドラえもん」のしずかちゃんも同様の対応がされている。

(モザイク処理されたリスのサンディ) (行き過ぎた報道規制を嘆くインドネシア人男性の投稿)


KPIは放送事業者に責任をなすりつけ

一方ですべての国民が「やりすぎ検閲」に甘んじているわけじゃない。SNSに目を向けた多くの視聴者は、KPIと御上に忖度する放送事業者に怒りをあらわにした。

KPIのユリアンドレ・ダルウィス議長はSCMPのインタビューに対し、検閲をしているのはあくまで放送事業者だと強調。KPIは単に放映された番組を監視するだけで、検閲自体の責任は放送事業者にあることを示唆した。

ダルウィスによると、法律に違反するのは、人の胸、腿または臀部の接写という。しかし、この規制がアニメキャラクターにも適用されるかどうかについては言及されていない。

ダルウィスは「放送事業者が法律を明確に理解する必要がある」と言うが、事業者はグレーゾーンに切り込むよりも保守的な検閲をしたほうが得策だと考えた結果が今の状況だろう。

そして規制はさらに加速しそうだ。インドネシアでは現在、放送規律機関の設置等の規定が盛り込まれた放送法の見直しが進められている。見直しでは、インターネットストリーミングサイトも監視の対象に含まれる。ダルウィスは、インターネットの規制がテレビ放送事業者と同等かどうかについて明言を控えており、雲行きの怪しさを感じずにはいられない。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背けたくなるメッセージ

  • 3

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 9

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月