最新記事

映画

韓国「アナ雪2」1000万人突破の影でディズニー訴えられる 大ヒットを支えた「ドベ」とは?

2019年12月15日(日)14時15分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

『アナ雪2』に「ドベ」された上映スケジュール YTN / YouTube

<流行り物に敏感な韓国では、映画も人気が出るとワッと観客が押し寄せる。大ヒットが生み出す影とは──>

11月22日に日本でも封切られ、大ヒット上映中のディズニーアニメ『アナと雪の女王2』。お隣りの韓国でもその人気はすさまじく、12月14日付けの観客動員数では、外国映画の観客動員歴代4位にランクインする1175万7523名を記録した。その後もオンライン予約率を35%以上キープするなど客足は伸び続けている。前作『アナと雪の女王』も観客動員1029万人を記録する大ヒットとなったが、新作はそれを上回る人気だ。

しかし、その大ヒットの裏ではこの新作による「スクリーン独占問題」が話題となっている。市民団体「庶民民生対策委員会」は、国内の映画館のスクリーンを同作品が独占しているとし、今月2日独占規制及び公正取引法違反でウォルトディズニーコリア社を告発したと明らかにした。

委員会の発表によると、『アナと雪の女王2』は、韓国の映画館スクリーンの実にを88%を独占し、上映回数が1万6220回(11月23日基準)を上回ったとしている。これは韓国の映画史上最高の記録だ。

また、映画関係者によって構成された団体「映画多様性確保と独占解消のための映画人対策委員会」は、公開日翌日である11月22日に緊急記者会見を開き、「『アナと雪の女王2』によって映画上映の多様性が失われている。スクリーンの独占を禁止する映画法の改正を求める」と訴えた。

大ヒットを支える「ドベ」とは?

スクリーンの独占問題は今回に始まった事ではない。この問題が広く知れ渡ったのは、2006年に封切られた『グエムル-漢江の怪物-』(ポン・ジュノ監督)からだと言われている。最終観客動員数1301万名を記録した同作は、公開当時、最高で38.3%のスクリーンを独占し、上映回数率は43.8%と半分近くにまでのぼり、映画ファンと映画関係者を中心に非難の声が上がった。

しかし、今でも映画会社の力を入れる大作が公開されるたびに、劇場では同じ映画の上映を繰り返している。韓国映画界では、上映スケジュール表に同じ映画がずらりと並んだ状態を「ドベ(壁紙を貼る)」と呼んでいる。ドベされた上映スケジュールに、観客からは見たい映画がやっていないという不満の声が上がり、小規模映画は隅に追いやられている。このような映画は誰も見に来ない早朝や深夜上映ができればよい方で、たとえ素晴らしい映画だったとしても上映館を押さえることすらままならないのが現状だ。

ニュース速報

ビジネス

英経済、マイナス金利正当化の条件満たさず=ハルデー

ビジネス

米ADP民間雇用、9月は74.9万人増 予想上回る

ビジネス

ECB総裁、戦略見直しでインフレ上振れ容認示唆 F

ビジネス

ANAとJAL、10月の国内線予約回復 東京発着G

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 10

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月