最新記事

対談

学生はバイトするな、お金のために時間を犠牲にするな【箕輪×正田】

2018年2月21日(水)18時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

起業や働き方、お金について語り合った編集者の箕輪厚介(左)とシリアルアントレプレナーの正田圭(右) Newsweek Japan

<働くこと、お金について、日本の若き起業家たちはどう考えているのか。シリアルアントレプレナー(連続起業家)である正田圭と、日本のベンチャー界隈に詳しい編集者の箕輪厚介が語り合った(対談・後編)>

「会社を売るのはいいこと」だと、シリアルアントレプレナー(連続起業家)であるTIGALA代表取締役の正田圭氏(31歳)は言う。

会社の設立と売却を繰り返すのがシリアルアントレプレナー。正田氏によれば、それこそが時間とお金の両方を手に入れ、人生の選択肢を広げる生き方だ。

このたび、自分のノウハウを伝え、起業して会社を売却する「文化」をもっと日本に広めたいと『サクッと起業してサクッと売却する――就職でもなく自営業でもない新しい働き方』(CCCメディアハウス)を上梓した。おそらく日本初となるシリアルアントレプレナーシップの指南書である。

正田氏の知人であり、日本のベンチャー界隈に詳しい編集者の箕輪厚介氏(32歳)との対談。前編では、シリアルアントレプレナーを目指すべき理由や、起業家に才能が集まり始めている日本の現状などについて語り合った。

※対談前編:日本の若者がシリアルアントレプレナーを目指すべき理由

この後編では、働くことやお金についての考え方へと、話が広がっていった。

リスクをリスクと思わない強さ

――この本には、「起業家として経験を積むためにもたくさん会社を作り、たくさん売ればいい」と書かれている。

正田 そうですね、起業はなかなか1回では成功しないものだし、経験値が大事なんです。以前は「起業は遅いほうがいい」と思っていたんですが、最近は「なんか違うよな」と。社会に出るスタートの時点で起業してもいいんじゃないか、という考えに変わりました。

本にも「学生はバイトするな」と書いているんですが、バイトするぐらいなら親からお金を借りて起業したほうがいい。

というのも、雇われグセがつくのがよくないと思うんですね。自分の時間をお金に変えるのが仕事だと思い込んでしまう。それは、シリアルアントレプレナーの思考から遠く離れたものです。

箕輪 それ、LINEの田端信太郎さん(編集部注:2月末で退職予定)とも話したことがあります。僕ら2人とも、サラリーマンだけど個人としてもいろんな場所に呼ばれたり、ネオサラリーマンみたいな働き方をしていますけど、われわれはいつまでたっても所詮は凡人。

堀江さんみたいに1度も就職したことのないやつはスーパーサイヤ人だ、こっちはクリリンやヤムチャが必死にやってるだけだと(笑)。リスクをリスクと思わない強さは、1度雇われちゃうと一生手に入らないですよね。

正田 新卒で就職するのはべつにいいと思うんですけど、最初の「働く」経験は、雇われるよりも、自分で稼いだほうがいいんじゃないかと。

箕輪 (ライブ動画ストリーミングプラットフォームを運営する)SHOWROOMの前田裕二さんも、路上で弾き語りをしたという原体験があるし、いまイケてる起業家は小さな商いを経験していた人が多いような気がします。

若い頃に、そうやってサラリーマンよりも稼いだ経験があると強いですね。サラリーマンになるのはお金を稼ぐ1つの手段でしかないと思えるようになる。

もう1つ言うと、これからの起業家は「お金を集める力」が重要な気がしていて。それはビジョンと、人間的な魅力だと思います。要するに「損してもいいから、こいつに賭けたい」と人に思わせる力。

アイデアは一瞬で真似されるけど、固有のビジョン、固有のアイデンティティーは真似できません。それを若いうちに養った人は強いと思うな。(クラウドファンディングサイトを運営するCAMPFIREの)家入一真さんなんて、ぶっちゃけだらしない人だけど、この人に賭けてみたいと思わせる独自のものがあります。


『サクッと起業してサクッと売却する
 ――就職でもなく自営業でもない新しい働き方』
 正田 圭 著
 CCCメディアハウス

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 7

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月