コラム

保守派コメンテーターの、見当違いな銃乱射対策のススメ(パックン)

2018年04月12日(木)17時40分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
保守派コメンテーターの、見当違いな銃乱射対策のススメ(パックン)

一部の共和党員の間ではこんな非常識な考え方が「本物のリーダー」の証しとして好まれる (c) 2018 ROGERS─PITTSBURGH POST─GAZETTE

<銃規制の強化を呼び掛ける高校生たちの活動を批判する保守派の人々。それにしても「蘇生法を学べ」とは見当違いも甚だしい>

保守派コメンテーターのリック・サントラムはいろいろな「元」の肩書を持っている。元上院議員で、共和党の元大統領選予備選候補。そして、元失言王なのだ。

イスラムとの戦いは「アメリカの基本的な価値観だ」と、十字軍を肯定した。「他人のお金で黒人の人生を良くしたくない」と、人種の概念から福祉制度を批判した。トランスジェンダーの権利保護は「危険」と反対。「同性愛の容認は重婚、近親相姦、不倫を容認するも同然だ......成人と児童の恋愛、人と犬の恋愛と一緒だ」と主張した。どれも天才的な失言だ!

しかし最近は「失言王」と言ったら、もちろんトランプ米大統領が先に挙がる。よほど悔しかったのか、タイトル奪還を狙ったのか、サントラムは先日また強烈な失言を放った。

17人が犠牲になったフロリダ州の高校銃乱射事件後、残された生徒を中心に銃規制の強化を呼び掛ける運動が活発化している。その一環で3月、首都ワシントンで約80万人が参加した行進をはじめ、東京など世界各地で銃規制を訴えるデモが行われた。リーダーの高校生は今や英雄視されている。

でもサントラムは気に入らないようだ。「彼らは問題解決を他人任せにしないで、例えばCPR(心肺蘇生法)の訓練を受けたりすべき」と批判。要は銃規制の法改正を訴えるより、銃乱射事件発生を前提とし、その対応を考えるべきだという。

当然、これには非難が殺到した。専門家が指摘したのは、CPRは心臓発作には役立っても、マシンガンで撃たれたときにはほとんど効果がないこと。風刺画に描かれているように喉に異物が詰まったときの救命法「Heimlich maneuver (ハイムリック法)」や苦い薬を飲みやすくする「Spoonful of sugar(ひとさじの砂糖)」と同じぐらい無意味だ。ある医師がツイートしたとおり、撃たれてCPRを受けるよりも最初から撃たれないほうが生存率は断然高い。

一般人から見ると言語道断の失言だが、一部の共和党員の間ではこんな非常識な考え方が「本物のリーダー」の証しとして好まれる。だから失言王が大統領になれる。サントラムも心配しなくていい。むしろ政治家としての蘇生につながるかも。

【ポイント】
RICK SANTORUM'S GUN MASSACRE FIRST AID CLASS

リック・サントラムの銃乱射の際の救急処置クラス

DON'T WHINE ABOUT LAX GUN LAWS, TAKE ACTION!
緩い銃規制について愚痴を言うのでなく、行動を起こせ!

"IF NONE OF THIS WORKS IT MEANS THE VICTIM WAS PROBABLY BLACK, GAY OR TRANSGENDER!"
「どれも効果がなかったら、被害者はおそらく黒人かゲイかトランスジェンダーだったのでしょう!」

<本誌2018年4月17日号掲載>

今ならうるせぇトリのスタンプGET!

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

ビジネス

日産、英工場で数百人削減へ ディーゼル車需要縮小=

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 7

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    隕石内のダイヤモンド、太陽系初期に存在した大型原…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 5

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 10

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!