コラム

Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実

トランプの奇妙な実話が歴史になっていく

<北朝鮮と小学生レベルの口げんかを繰り広げるトランプには、作り話よりもばかばかしい実話が多過ぎる。そし当然ながら、どの話も歴史に刻み込まれて

2018.01.16 
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実

中国共産党がサンタを打倒する理由

<もはや宗教行事とも言えないクリスマスを祝うイベントを禁止するのは、自分たちの文化や伝統に対する自信のなさの表れ> 読者の皆様、新年好(新年

2018.01.10
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実

人種差別のわいせつ男は敗れたが

<アラバマ州の連邦上院補選で人種差別、同性愛差別、さらに少女への性的暴行で告発された共和党候補が僅差で落選。これではアラバマの住民たちもあま

2017.12.27
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実

中国農民の反撃が始まる日

<北京で出稼ぎ農民の追い出しが始まったが、そのうち怒れる農民たちの反撃が始まるかもしれない> 「北京の歌舞伎町」をご存じだろうか。中心部の東

2017.12.19
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実

トランプはいつも「コード」破り

<守るべき人をいじめたり、批判するべき人を擁護したりと、トランプはいつも道徳規範(code)を破ってしまう> 第2次大戦中、各国の軍は通信内

2017.12.12
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実

中国人の命は空気よりも軽い

<「命は時に鴻毛(こうもう)より軽い」と言われるが、中国人の命は鳥の羽どころか空気より軽い> 最近、日本のあるニュースが中国をにぎわしている

2017.12.05
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実

トリクルダウンは嘘だった

<超高所得者層に減税の恩恵が集中する見込みの共和党税制改正案。高所得者を優遇すれば経済全体が潤うという「トリクルダウン」は、みんな嘘だとわか

2017.11.28
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実

「中国崩壊論」の嘘とホント

<中国経済には様々な問題が山積しているが、これまでの成長が一瞬で消えることはない> 最近、日本で「中国崩壊論の崩壊」という議論が盛んだ。05

2017.11.22
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実

アマゾン誘致は「身を売る」覚悟で

<アマゾンの第2拠点建設に全米各都市が誘致合戦。なりふり構わぬその姿は、まるでハリウッドでセクハラ被害に遭う新人女優たちのように悲しい> オ

2017.11.15
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実

外国人のための中国共産党大会講座

<中国共産党大会で最高指導部となったメンバー7人は、習近平を除けば単なるお飾り。習がこれから毛沢東のような独裁者になる可能性もある> 人形の

2017.11.08

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

政権崩壊の序章」予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 5

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 8

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 9

    金正恩は「いいやつ」「小柄で太めなのにバスケが上…

  • 10

    今度の性被害者は男性モデル!ヴォーグ誌が著名写真…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 8

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 9

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!