コラム

世界に広がる土地買収【前編】──中国企業による農地買収を活かすには

2018年03月08日(木)15時50分
世界に広がる土地買収【前編】──中国企業による農地買収を活かすには

オーストラリアのシドニーで行われた中国・春節の祭りと大きな戌の提灯(2018年2月16日)

<記事のポイント>




・中国による土地買収は世界に広がっているが、最近は特に農地買収が盛ん
・これに対して各国で規制が強化されている
・日本での農地買収に関しては、その体系的なデータすらなく、現状把握が必要
・ただし、中国企業の農地買収を警戒するだけでは生産的でない
・必要なことは、中国企業の力を用いながら日本の利益を増進する「活かす規制」

2月22日、フランスのマクロン大統領は中国企業を念頭に、外国企業による農地の売買を規制する方針を発表。フランスでは2016年にアンドル県の1700ヘクタールの農地を、2017年には中部の穀物地帯アリエ県で900ヘクタールの農地を、それぞれ中国企業が買収していました。同様の方針は各国でみられ、日本でも北海道などで外国人の農地取得を規制する動きがみられます。

日本では他国より外国人の土地所有が容易です。そのため、中国企業の進出を背景に、その規制強化を訴える意見が噴出することは、不思議ではありません。ただし、何の規制もなく外国企業が日本の土地を購入できる状況は改善するべきとしても、それは中国企業による農地買収をただ警戒することと同じではありません

中国の土地買収の状況

まず、中国による土地買収の大枠をみていきます。

中国の企業・個人による海外の土地の買収の目的は、会社や工場の設立から、個人の住居、転売目的の投資など多岐に渡ります。このうち(実際に居住するかどうかにかかわらず)宅地に関しては、海外不動産を扱う中国最大の斡旋サイト居外(Juwai)への問い合わせ件数順で、2017年段階では米国のものが最も多く、それにオーストラリア、タイ、カナダ、英国、ニュージーランド、ドイツ、日本、ベトナム、マレーシアが続きました。モルガンスタンレーの調査によると、2016年段階で売買が成立したロンドン中心部の商業地のうち、25パーセントは中国人が買収していました。

ただし、同じ調査によると、中国から海外の住宅地、商業地への投資は2016年の106億ドルをピークに、2017年には17億ドルにまで激減。この背景には、中国当局が資本の流出に制限を加え始めたことがあるとみられます。

中国政府は企業による海外での不動産投資に「禁止」、「抑制」、「推奨」の三つのカテゴリーを導入。このうち「禁止」にはカジノや軍事関連、「抑制」にはホテルや住宅開発、そして「推奨」には農業やインフラ整備が含まれます。

プロフィール

ニュース速報

ワールド

米の対ベネズエラ制裁、エネ分野を対象とする必要性低

ワールド

精養軒株、東天紅株が荒い動き 「パンダ貸し出し」期

ワールド

米共和党、オバマケア撤廃を再び目指す可能性も=上院

ビジネス

米財務省、対メキシコ通貨スワップ枠を3倍に拡大

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    日本は中国との闘い方を知らない

  • 2

    人殺しの息子と呼ばれた「彼」は、自分から発信することを選んだ

  • 3

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人は要注意

  • 4

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 5

    「現代の奴隷」世界で4600万人、日本も29万人が奴隷…

  • 6

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 7

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 8

    サウジを厳しく追及できないイギリスの冷酷なお家事情

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 3

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 4

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 5

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!