コラム

塗り替わる世界秩序 六辻彰二
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「テロ支援国家」スーダンはなぜイスラエルと国交正常化するか

・UAE、バーレーンに続き、スーダンもイスラエルと国交を正常化するとトランプ大統領は発表した ・イスラーム圏でイスラエルを承認する国が増え

2020.10.27
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

パリを震撼させた斬首テロ、背景に拡大するコロナ不安

・パリ近郊で男性が首を落とされて殺害された事件は、イスラーム過激派によるテロとみられる ・専門家の間では、フランスに限らず各国でコロナをき

2020.10.19
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

反政府デモに緊急事態宣言で、追い詰められたタイ政府

・反政府デモが高まるタイでは、政府が緊急事態宣言を発令して抗議活動の取り締まりに乗り出した ・反政府勢力への超法規的な取り締まりが可能とな

2020.10.16
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

・これまで中国はアフリカでローンを組んだインフラ整備を大々的に行ってきたが、コロナ禍はこれにブレーキをかけている ・その一方で、中国はイン

2020.10.15
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「カリフォルニア大火災は左翼テロ」──陰謀論でトランプを後押しする極右

・アメリカでは、カリフォルニアなどでの過去最悪の山火事が極左集団アンティファの放火によるという噂がSNSなどで拡散している ・警察はこれを

2020.10.05
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「チーム地球」の一員としての日本の5つの優先課題──SDGs週間に考える

・2030年までの中期目標であるSDGsは、世界全体で取り組むべき17の目標からなり、いわば「チーム地球」にとっての課題でもある ・国連の

2020.09.23
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上の約20%がバッタ巨大群に襲われる」

・バッタの大群はアフリカ、アジアだけでなく南米でも勢力を拡大している ・ブラジルやアルゼンチンは世界的な穀物輸出国であるため、バッタの襲来

2020.07.09
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「美白」クリームと人種差別──商品名の変更を迫られるコスメ産業

・インドでは「美白」をうたった化粧品の商品名が相次いで変更されている ・そこには「白い方が美しい」という価値観のすり込みが人種差別的だとい

2020.07.02
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

米シアトルで抗議デモ隊が「自治区」設立を宣言──軍の治安出動はあるか

・人種差別に反対するデモ隊の一部はワシントン州シアトル市の一角で「自治区」を発足したと宣言した ・これは公権力を否定するもので、トランプ大

2020.06.15
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

新型コロナで戦略物資になった医療用マスクで日本は大きく出遅れた

<いざという時、医療従事者を守るマスクや防護服を確保できるか否かは安全保障に関わる問題になった。マスクのためなら同盟国さえ裏切る「マスク安全

2020.05.11

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計画にアメリカから疑念

  • 2

    韓国の高齢者貧困率が日本を超える理由

  • 3

    ドイツは日本の「戦友」か「戦争反省の見本」か ドイツ人はどう見ている?

  • 4

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 5

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 6

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 7

    豪グレートバリアリーフで高さ500メートルの巨大なサ…

  • 8

    「中国共産党は略奪者」 米国務長官ポンペオ、一帯一路…

  • 9

    悪気はないのに黒人差別となじられた寿司店オーナー…

  • 10

    トランプのコロナ感染に歓喜する中国人の本音

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 3

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計…

  • 6

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 7

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 8

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 9

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!