コラム

ロマンポルノの巨匠が紡ぐ『(秘)色情めす市場』は圧倒的な人間賛歌

2020年10月15日(木)18時50分
ロマンポルノの巨匠が紡ぐ『(秘)色情めす市場』は圧倒的な人間賛歌

ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN

<監督の田中登は絶対に生を否定しない。あいりん地区の季節労働者たちと娼婦の主人公。登場する女や男たちはとにかく生きることに前向きで...>

ニューヨーク・タイムズがベトナム戦争の米機密文書ペンタゴン・ペーパーズを掲載し、連合赤軍が榛名山の山岳ベースで同志たちの殺戮を始めた1971年。日活は業績悪化の打開策として、ロマンポルノ路線に舵を切った。つまり成人映画。この時期に中学生だった僕は、さすがにリアルタイムには観ていない。

でも大学に入って映画研究会に所属してからは、都内の名画座に通い続けて、かなりの数のロマンポルノを観た。ロマンポルノの条件は「10分に1回の濡(ぬ)れ場があること」と「尺は70分前後であること」。それさえ守れば、監督たちは自由に作ることができた。だからこの時期、神代(くましろ)辰巳や曽根中生など既に大御所となっていた監督だけではなく、石井隆や金子修介、崔洋一に周防正行、相米慎二に滝田洋二郎、森田芳光など多くの新鋭(まだまだいる)がロマンポルノに集結した。

印象に残る作品はたくさんあるが、『(秘)色情めす市場』を観たときの衝撃は圧倒的だった。劇場は池袋の文芸坐。例によってオールナイトだったような気がする。夜が明けて白み始めた劇場の外に出て、始発電車が走り始めたばかりの池袋駅に向かいながら、僕は(睡眠不足だけが理由ではなく)真っすぐ歩けないくらいに衝撃を受けていた。

舞台は大阪の釜ヶ崎。いわゆるドヤ街のあいりん地区だ。主人公は娼婦のトメ。明治や大正期じゃないのにトメだ。彼女の母親も娼婦で、名前はよね。トメはよねが路上で産み落とした。

1974年製作なのに画面はモノクロ。実際にあいりん地区のロケなので、一昔前のドキュメンタリーを観ているような気分になる。よねを演じるのは花柳幻舟。日本舞踊の花柳流名取となりながら「家元制度打倒」を訴えて傷害事件を起こし、1990年の天皇即位パレードで爆竹を投げて逮捕された女性だ。とにかくすさまじい生涯。今はどうしているだろうと、この原稿を書くためにネットで検索したら、昨年2月に群馬県で転落死していたと知った。彼女らしい最期だ。享年77。圧倒的に個性的で過激で、そして奇麗な女優だった。

トメを演じるのは、(やはり伝説的な存在の)芹明香。薬でラリっている役をやらせれば日本一うまい。いや「うまい」のレベルではなく、鬼気迫るものがある(本当にラリっているんじゃないかとよく話題になった)。監督は神代辰巳と並びロマンポルノの巨匠と称された田中登。

プロフィール

森達也

映画監督、作家。明治大学特任教授。主な作品にオウム真理教信者のドキュメンタリー映画『A』や『FAKE』『i−新聞記者ドキュメント−』がある。著書も『A3』『死刑』など多数。

ニュース速報

ビジネス

FOMC声明全文

ワールド

バイデン氏、気候変動対応へ大統領令 外交・国家安全

ビジネス

米FRB、ゼロ金利と量的緩和維持 「回復ペース鈍化

ワールド

米国務長官、英独外相と電話会談 イラン・中国問題な

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!