コラム

サウジ対イラン、中東の新たな対立の構図

2018年01月30日(火)19時20分
サウジ対イラン、中東の新たな対立の構図

サウジのムハンマド皇太子はイランとどう対峙するのか(写真は昨年11月にリヤドで開催された国際フォーラムの会場に掲示された皇太子の姿) Faisal Nasser-REUTERS

<対テロ戦争は新たな局面に入り、勢力図の変化が次なる争いの火種を生む>

2017年の中東ではいくつもの大きな変化があった。最大の事件は、イラクとシリアにまたがってカリフ国家樹立を宣言していたテロ組織ISIS(自称イスラム国)がモスルとラッカという拠点を失い、勢力を減退させたことだ。

これによって国際社会共通の課題だった対テロ戦争は新しい局面に入っていく。ISISと共に戦っていた外国人戦闘員の移動や帰国で、テロの危険性が世界各地に拡散。新たな対策が必要になってきている。

もちろん外国人戦闘員が消えてもイラクとシリアが平和になるわけではない。イラクでは、クルディスタン地域で独立の是非を問う住民投票が行われ、独立支持派が圧倒的多数を得た。

クルド人の多くはこれで独立への道筋ができると期待した。だが、彼らに好意的だった周辺国や欧米諸国からの支援も得られず、それどころか彼らが事実上統治下に入れていたキルクークや周辺の油田地帯はイラク政府軍に奪還された。つまり、住民投票を行ったことで肝心の独立が遠のいてしまったのだ。

18年5月にはイラクで連邦議会選挙、またクルディスタン地域でも議長選と議会選がある。対立の火種は残ったままだ。

シリアも状況は変わらない。ISISは各地でテロ攻撃を継続している。それまでのバシャル・アサド政権対反アサド武装勢力対ISIS・アルヌスラ戦線(現シリア征服戦線)という三つどもえ、あるいは四つどもえ状態はテロ組織が弱体化しただけで、基本構造は同じだ。

もっとも、ロシアの軍事介入で、アサド政権の優位は確実になった。ロシアの仲介でアサド政権と反アサド武装勢力の間の和平協議も行われているが、反アサド派と彼らを支援するアメリカや湾岸諸国はアサド打倒の旗を降ろしていない。

サウジ経済改革の衝撃度

もう1つの内乱状態の国、イエメンでは首都サヌアを占拠し、正統政府を駆逐したシーア派武装勢力ホーシー派に対し、正統政府の要請でサウジアラビア・アラブ首長国連邦(UAE)を中心とする有志連合が空爆を開始したが、泥沼化している。

人道危機は悪化し感染症や飢餓が各地に蔓延。国際社会は空爆や経済封鎖を行う有志連合を非難するようになった。封鎖は一部解除されたが、状況が改善されたとは言い難い。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 2

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 3

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「大学には行かれない」「子どもは欲しくない」

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    小学校がHIV感染児童14人を強制退学 インドネシア、…

  • 10

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!