コラム

イスラーム世界の現在形 保坂修司
イスラーム世界の現在形 保坂修司

イラン人には「信仰がない」が、ダンスという文化はある

<18歳のイラン人女性がダンスをして逮捕され、「ダンスは犯罪ではない」と連帯を示す人々が現れた。そんななか思い出したのは、その昔、日本人のイ

2018.08.28
イスラーム世界の現在形 保坂修司

W杯クロアチア代表にイスラーム教徒らしき選手がいない理由

<先のロシアW杯で、フランスとベルギーには多くのムスリム選手がいた。一方、ドイツ代表のエジルは激烈なコトバで代表引退を宣言し......>

2018.07.26
イスラーム世界の現在形 保坂修司

水を飲めず、MOMも受け取れないロシアW杯選手たち

<断食中だったかもしれないサウジ人選手、制裁でナイキにスパイク提供できないと言われたイランチーム、2026年北米大会や2022年カタール大会

2018.06.25
イスラーム世界の現在形 保坂修司

スタバも、スバルも、人種差別主義者なのか?

<米スタバが人種差別的と批判される騒動があったが、アラブ諸国では以前から「シオニスト」呼ばわりされている。レッテルを貼られ、批判を受ける企業

2018.05.28
イスラーム世界の現在形 保坂修司

「映画禁止ではなかった」サウジ映画館解禁の伝えられない話

<4月18日、35年以上ぶりにサウジアラビアで映画館が復活した。しかし、西側メディアは必ずしも正しい情報を伝えてくれるわけではない。何が画期

2018.04.27
イスラーム世界の現在形 保坂修司

泣ける歌 イスラエルで復権した「クウェート人兄弟」

2018年はサーリフ・エズラの生誕110周年にあたる。といっても、彼のことを知る人などほとんどおるまい。彼は、弟のダーウードとともに「クウ

2018.03.30
イスラーム世界の現在形 保坂修司

サウジ対イラン、中東の新たな対立の構図

<対テロ戦争は新たな局面に入り、勢力図の変化が次なる争いの火種を生む> 2017年の中東ではいくつもの大きな変化があった。最大の事件は、イラ

2018.01.30
イスラーム世界の現在形 保坂修司

「チェスは時間の無駄、金の無駄」のサウジでチェス選手権の謎

<日本でほどんと報じられなかった昨年12月末の「サルマーン国王早指しチェス世界選手権」。女性の服装や外交問題など、いかにもサウジという問題が

2018.01.26
イスラーム世界の現在形 保坂修司

『ボラット』の監督が作った9.11のコメディー『オレの獲物はビンラディン』

<英国のコメディアン、サシャ・バロン・コーエンと組んでコメディー作品を送り出してきたラリー・チャールズが監督。アラブ人やムスリムを差別的に扱

2017.12.16
イスラーム世界の現在形 保坂修司

サウジアラビア「要人大量逮捕」は本当に政敵駆逐が目的か

<著名投資家を含む200人以上が腐敗・汚職などの容疑で逮捕され、世界中のメディアの注目を集めているが、捕まったとみられる人物1人1人を見て行

2017.11.27

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

※次号10/2号は9/26(水)発売です

人気ランキング

  • 1

    米関税免除の成功に沸いた韓国鉄鋼界 代償の割り当て枠で苦境、日本と明暗

  • 2

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に手段のない女性たち

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    中国不動産市場のバブル崩壊 土地入札の不成立が急増

  • 5

    中国婚活ブームの意外な仕掛け人は共産党

  • 6

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 7

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 8

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 9

    モルディブ大統領選、中国重視の現職破り野党候補が…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

  • 6

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!