コラム

イスラーム世界の現在形 保坂修司
イスラーム世界の現在形 保坂修司

研究者ですがフェイスブックにアカウントを永久停止されました

<アカウントを停止され、ヘルプセンターに苦情を言った。最終的に永久停止されるまでの、不毛なやりとりの記録> 今年の6月のことである。自分のF

2018.11.26
イスラーム世界の現在形 保坂修司

ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーであるべき理由

<メディアを騒がせている、トルコで殺害されたサウジ人ジャーナリストの名前表記が本来の発音から相当かけ離れている。メディアの皆さん、何とかなり

2018.10.22
イスラーム世界の現在形 保坂修司

バーレーンの金メダリストの大半は帰化人だった

<インドネシアで開催されたアジア大会。中東勢では小国のバハレーン(バーレーン)、カタル(カタール)が奮闘し、人口5.5万~5.6万人当たり1

2018.09.26
イスラーム世界の現在形 保坂修司

イラン人には「信仰がない」が、ダンスという文化はある

<18歳のイラン人女性がダンスをして逮捕され、「ダンスは犯罪ではない」と連帯を示す人々が現れた。そんななか思い出したのは、その昔、日本人のイ

2018.08.28
イスラーム世界の現在形 保坂修司

W杯クロアチア代表にイスラーム教徒らしき選手がいない理由

<先のロシアW杯で、フランスとベルギーには多くのムスリム選手がいた。一方、ドイツ代表のエジルは激烈なコトバで代表引退を宣言し......>

2018.07.26
イスラーム世界の現在形 保坂修司

水を飲めず、MOMも受け取れないロシアW杯選手たち

<断食中だったかもしれないサウジ人選手、制裁でナイキにスパイク提供できないと言われたイランチーム、2026年北米大会や2022年カタール大会

2018.06.25
イスラーム世界の現在形 保坂修司

スタバも、スバルも、人種差別主義者なのか?

<米スタバが人種差別的と批判される騒動があったが、アラブ諸国では以前から「シオニスト」呼ばわりされている。レッテルを貼られ、批判を受ける企業

2018.05.28
イスラーム世界の現在形 保坂修司

「映画禁止ではなかった」サウジ映画館解禁の伝えられない話

<4月18日、35年以上ぶりにサウジアラビアで映画館が復活した。しかし、西側メディアは必ずしも正しい情報を伝えてくれるわけではない。何が画期

2018.04.27
イスラーム世界の現在形 保坂修司

泣ける歌 イスラエルで復権した「クウェート人兄弟」

2018年はサーリフ・エズラの生誕110周年にあたる。といっても、彼のことを知る人などほとんどおるまい。彼は、弟のダーウードとともに「クウ

2018.03.30
イスラーム世界の現在形 保坂修司

サウジ対イラン、中東の新たな対立の構図

<対テロ戦争は新たな局面に入り、勢力図の変化が次なる争いの火種を生む> 2017年の中東ではいくつもの大きな変化があった。最大の事件は、イラ

2018.01.30

MAGAZINE

特集:中国発グローバルアプリ TikTokの衝撃

2018-12・25号(12/18発売)

世界に広がる中国発の動画アプリTikTok 10代・20代が夢中になるその秘密とは

人気ランキング

  • 1

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 2

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 3

    フィリピンはゴミ捨て場か!と反韓の声 韓国業者が違法産廃を大量に「輸出」

  • 4

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    永住者、失踪者、労働者──日本で生きる「移民」たち…

  • 7

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 8

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 8

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!