佐々木和義

広告プランナー。京都の商業写真・映像制作会社を経て広告会社に転職。住宅・不動産広告等のプランナー兼コピーライターを務め、FP資格を取得する。韓国に進出する食品会社の立上げを請け負い駐在員として2009年に渡韓。日本企業のアイデンティティや日本文化を正しく伝える必要性を感じ、2012年、広告制作会社PLUXの設立に参画し現在に至る。日系企業の韓国ビジネスをサポートする傍ら日本人の視点でソウル市に改善提案を行っている。韓国ソウル市在住。

韓国事情

韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になったまま4年が経った理由

2019.04.17
韓国事情

韓国コンビニも営業時間短縮、しかし日本とはかなり事情が異なる

2019.03.29
韓国事情

韓国で電動自転車シェア開始、ヘルメット貸し出し失敗事例が気になる理由

2019.03.25
韓国事情

韓国と日本、政治と観光は別──両国を行き来する人々は増加中

2019.03.19
韓国事情

韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

2019.03.12
韓国

韓国スマホ事情:サムスンは業績不振、いっぽう高齢者のスマホ中毒が社会問題化

2019.03.05
韓国事情

韓国で快進撃を続けるユニクロ いっぽうアンチ旭日旗で不買運動も

2019.02.06
韓国事情

文在寅大統領が「眠れない」と苦悩する韓国の大気汚染問題

2019.01.23
韓国事情

韓国で日本製品の不買運動計画がたびたび起きても不発に終わる理由

2019.01.10
韓国事情

海外投資、海外移住、国籍放棄......海外に目を向ける韓国の資金と人材

2019.01.07
韓国事情

日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──日本文化の浸透がその背景に?

2018.12.26
韓国事情

韓国で相次ぐインフラ事故......責任転嫁と疎かになる再発防止

2018.12.19
韓国事情

ソフトバンク孫社長が投資する韓国ECサイト「クーパン」と韓国EC事情

2018.12.04
韓国事情

不況でも韓国企業の体力を奪う傍若無人の労働組合

2018.11.29
韓国事情

韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

2018.11.13
韓国事情

官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

2018.10.30
韓国事情

韓国の「働き方改革」、週52時間勤務制導入で、想定外の混乱招く

2018.10.25
韓国事情

韓国「国軍の日」、軍事パレードの代わりに歌手PSY登場 急速な緊張緩和に不安の声

2018.10.04
韓国事情

韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら、注文せずに居座る客が増えた事情

2018.10.01
韓国事情

韓国、模倣蔓延から著作権保護強化へ──中国による違法コピー対策で

2018.09.25

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 2

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 3

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 6

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 9

    「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?

  • 10

    「ブレグジット大混乱」報道では見えない真のイギリ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…