最新記事

シリア

膠着するシリア情勢の均衡維持・再編のキャスティングボートを握らされているバイデン米新大統領

2021年1月23日(土)16時00分
青山弘之(東京外国語大学教授)

再びイスラエルがミサイル攻撃を行った。関係各国に翻弄されるシリアの人々...... SANA-YouTube

<再びイスラエルがシリアにミサイル攻撃を行った。イスラエル、トルコ、ロシアなど各国は、爆撃・ミサイル攻撃を通じて、バイデン新大統領が膠着状態にあるシリア情勢にどの程度、そしてどのように関与するかを見極めるようとしている...... >

米国のジョー・バイデン大統領就任(1月20日)後初となる爆撃・ミサイル攻撃が行われた。場所は、ドナルド・トランプ前大統領が就任後発となる軍事行動に踏み切ったのと同じ国、シリアだ。

最初に攻撃したのはイスラエル

最初に攻撃に踏み切ったのは、米国を最大の同盟国とするイスラエルだ。

シリア国営通信(SANA)はシリア軍筋の話として、1月22日午前4時頃、イスラエルがレバノンのトリポリ市方面から、ハマー県一帯に向けたミサイル多数を発射、防空部隊がこれを迎撃、そのほとんどを撃破したと伝えた。

aoyama0123a.jpg

出所:SANA、2021年1月22日

SANAはまた、この攻撃で、ハマー市西部のカーズー地区の民家3棟が被害を受け、中にいた一家4人(男性1人、その妻と子供2人)が死亡、女性1人、子供2人、老人1人の計4人が負傷したと報じた。

aoyama100123b.jpg

出所:SANA、2021年1月22日


イスラエル軍の攻撃に関して、英国を拠点とする反体制系NGOのシリア人権監視団は、ハマー市近郊の「イランの民兵」やレバノンのヒズブッラーの拠点5カ所が狙われ、いずれも完全に破壊されたと発表した。反体制系サイトのオリエント・ニュースは、ミサイルがレバノンの北部県アッカール郡沖の海上に展開するイスラエル軍の戦艦から発射された可能性が高いとしたうえで、「イランの民兵」とレバノンのヒズブッラーが駐留・展開する第47旅団基地とマアリーン丘が重点的に狙われたと伝えた。

イスラエルは今年に入ってすでに2度、シリア領内への越境爆撃を実施しているが(「イスラエルがシリア領内の「イランの民兵」を大規模爆撃、50人以上が死亡:米政権末期に繰り返される無謀」を参照)、今回も標的となったのはイランだった。

一方、ロシアのスプートニク・ニュースは、ハマー市一帯以外でも、タルトゥース県タルトゥース市、ダマスカス郊外県東カラムーン地方でも爆発音が聞こえたと報じた。

これに対して、シリア人権監視団は、タルトゥース県が爆撃を受けたとの情報は正しくないとする一方、ハマー市での住民への被害についても、シリア軍防空部隊が迎撃のために発射したミサイルの破片によるものだと発表し、SANAの報道内容を否定した。オリエント・ニュースなどの反体制系サイトも、シリア軍が発射した地対空ミサイルによって住民に被害が生じたと伝えた。

次に動いたのはトルコ

次に爆撃を行ったのはトルコだった。クルド民族主義組織の民主統一党(PYD)に近いハーワール・ニュース(ANHA)によると、イスラエル軍のミサイル攻撃の12時間あまりを経た1月22日午後3時45分頃、トルコ軍の無人航空機(ドローン)が、アレッポ県の対トルコ国境沿いに位置するアイン・アラブ市(クルド語名はコバネ)南の街道沿線の民家1棟を爆撃、これによって住民1人が負傷した。

アイン・アラブ市は、シリア政府と、PYDが主導し、米国が後援する自治政体の北・東シリア自治局が共同統治、ロシア軍が駐留、同地に近い国境地帯では、ロシア軍とトルコ軍が合同で警備活動を行っている。

トルコもまた、2020年末からシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるラッカ県アイン・イーサー市一帯、アレッポ県タッル・リフアト市一帯、ハサカ県タッル・タムル町一帯への砲撃を強めていた(「シリア北部で軍事攻勢を強めるトルコ:内戦の面影を失ったシリア内戦の今」を参照)。

出所:ANHA、2020年1月22日

ニュース速報

ワールド

南アGDP、第4四半期は前期比年率6.3%増 通年

ビジネス

第4四半期ユーロ圏GDP確報値、前期比0.7%減 

ワールド

ロシアのコロナワクチン開発者、EMAの中立性に疑義

ビジネス

米ゴールドマンなど、ジャパン・リニューアブル売却へ

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書が発表、その成果は......

  • 2

    アメリカの不用品セールで買った茶碗、5400万円超の中国の骨董品だった

  • 3

    大企業に派遣で入り、34歳で執行役員になった男が日本企業の「決められない」体質から学んだこと

  • 4

    3.11被災地を取材し続けてきた櫻井翔が語る「記憶」…

  • 5

    大量の溶岩流に1000メートル以上の噴煙... それでも…

  • 6

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    マスクを燃やせ!米アイダホ州で着用義務化に抗議 …

  • 9

    世界の人々が実践している幸せになるための8つの秘訣

  • 10

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月