最新記事

2020米大統領選

トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

Trump Team Accuses Gov. Whitmer of Encouraging Assassination of President

2020年10月19日(月)16時45分
エミリー・ツァコル

極右の拉致・殺害計画で狙われたミシガン州のホイットマー知事(民主党)。Tom Brenner-REUTERS

<ホイットマー知事の拉致を企てた容疑者たちの襲撃訓練動画を検察が明らかにした。大量の武器は、州政府を転覆し、州議会をも襲うためのものだった可能性もある。これに対してトランプ陣営が持ち出したホイットマーの「トランプ暗殺計画」の証拠とは>

米ミシガン州でグレッチェン・ホイットマー州知事(民主党)の拉致を企てていた極右グループは、武器を集めて銃撃訓練を行い、暗号化されたSNSでホイットマーを「処刑する」相談までしていたことが明らかになった。ミシガン州政府を転覆し、州議会を襲撃する計画もあった。この事件では14人の容疑者が逮捕され、ミシガン州と連邦政府から起訴されているが、検察が18日、これらの証拠を公開した。

ところが、ドナルド・トランプ大統領の再選をめざす選挙対策チームは18日の午後、被害者のホイットマーが、トランプの「暗殺未遂を呼びかけている」と非難した。

その証拠として挙げたのは、ホイットマーがテレビ出演した際に、背景に「8645」の数字がはっきりと見える置物があったこと。18日の朝、NBCニュースの番組「ミート・ザ・プレス」に自室からリモート出演したホイットマーが、司会者のインタビューに答える映像のなかに、この置物が映りこんでいたのだ。

左下の赤丸の中に暗殺指令があると主張するトランプ陣営のツイート


「グレッチェン・ホイットマー知事はテレビ出演中に『86 45』の数字を見せつけた。『86』は誰かを殺すという略語でもある」と、トランプ陣営は知事のインタビュー場面のスクリーンショットと共にツイートした。「ホイットマーは、トランプ大統領に対する暗殺未遂を呼びかけている。わずか数週間前に誰かがリシン入りの小包をホワイトハウスに送ったばかりだというのに」

リシンはヒマの実由来の毒物で、内臓の壊死を引き起こす。トランプ陣営が指摘したリシン入りの小包は、ホワイトハウス宛の郵便物を検査する施設で9月に発見されたものだ。

憎悪と恐怖の感染源

「8645」は、俗語や慣用句のオンライン辞書サイト「アーバン・ディクショナリー」に記載されている数字の意味からすると、「第45代大統領のトランプを取り除く(『86する』)」暗号とも取れるというのが彼らの主張だ。ウェブスター辞典によると、「86」にはスラングで「取り除く」「投げ出す」という意味もあるという。現に、8645をプリントしたアンチ・トランプのTシャツもある。

「こんなヨタ話がニュースになるなんて、他にネタはないのか」と、ホイットマーの広報担当者は18日に本誌に語った。「トランプは新型コロナウイルスのスーパースプレッダーであるだけでなく、憎しみと恐怖のスーパースプレッダーでもある。国民の分断をあおる彼のレトリックは止めさせるべきだ。必要なのは、新型コロナウイルスに打ち勝つために、アメリカをまとめる大統領だ」

ニュース速報

ビジネス

来年も株高は継続、利回り求める投資家マネーが流入=

ビジネス

米サイバーマンデー、売上高108-114億ドルの見

ビジネス

中国100都市の新築住宅価格、11月は伸び鈍化=民

ビジネス

日経平均は急反発、連日のバブル後最高値

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 3

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 7

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月