最新記事

韓国社会

韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

2020年8月11日(火)21時05分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

先月15日に「シューススTV」でPPLが行われていると報道されると、ハン・へヨン氏は「直ちに確認し、企業から広告費を貰っていた動画に関しては'有料広告含む'の表示を行う」とし、翌日には本人の謝罪動画もアップされた。

音源女王と呼ばれるダビチも

newsweek_20200811_204858.jpg

インスタのフォロワーが200万人、ユーチューブチャンネル登録が66万人というダビチのカン・ミンギョンがユーチューブで取り上げたブラジャーはPPLだった。강민경 / YouTube

もう1つは、音源女王とも呼ばれるK-POPの人気女性デュオ「ダビチ」のカン・ミンギョン氏が開設したユーチューブチャンネルだ。こちらも65万人を超える登録者数をもち、彼女の日常や人柄が垣間見られると人気があった。ところが、愛用品紹介などの中に企業からのPPL案件が含まれていながら、それを表示せずに配した動画が発覚してしまった。

カン・ミンギョン氏側は、映像画面にリンクボタンが表示されるため、PPLが含まれていると表示したと同様だと主張し、さらに、一番問題視された「おすすめ下着を紹介する動画」については、「動画制作している途中に案件の話をいただいた。始めは本当に愛用品として紹介していたが、その後企業から連絡を貰った」としながらも、問題発覚数日後には謝罪の文章を公開した。

テレビにはないユーチューブの良さの一つは、番組の背後に見え隠れするスポンサー企業の存在を気にせず、クリエーターが自由に商品を取り上げてレビューできる部分だ。しかし、それも崩れてしまうのだろうか。

テレビ業界の悪行がユーチューブにも

また、よく韓国テレビ業界の悪行のひとつに挙げられる「悪魔編集」と呼ばれる事例も、最近ユーチューブで増え始めている。

韓国のテレビ業界でよくいわれる「悪魔編集」とは、インタビューなどのある一部分だけを切り取って、出演者を不利なように編集することを言う。編集によってイメージは良くも悪くもなるため、バラエティやオーディション番組などで、よく視聴者から制作側へ指摘や批判されることがある。

ところが、最近ユーチューブでもこの単語を見かけることが多くなった。最近ではプロバスケットチーム・ヒョンデモビースに所属するイ・ジョンヒョン選手がその餌食になったと注目を集めた。スポーツ専門ユーチューブチャンネルに出演したイ・ジョンヒョン選手は、発言を不利に編集され、4年前の新人ドラフトにて、あたかもそのチームに嫌々入ったような印象を受ける編集にされてしまった。前後の映像をカットし、ウケ狙いで口走った部分のみ強調したものを放送されたからだ。イ・ジョンヒョン選手は、それでも誤解を与えるようなひと言を言ったことは事実であるとし、「すべて私が悪かった」と謝罪している。

ニュース速報

ワールド

中国とバチカン、司教任命権巡る暫定合意を2年延長

ビジネス

仏ペルノ・リカール、四半期減収率が改善、年度後半の

ビジネス

ANA、構造改革でLCC強化 全日空のマイルで利用

ビジネス

景気改善かなり緩やかでも、金融システムに相応の頑健

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 6

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 7

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 8

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 9

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月