最新記事

キャリア

米インターンシップの最高峰「スペースX」のやりがい

2018年2月27日(火)19時30分
ニナ・ゴドルゥイスキ

「素晴らしい経験をしている。ここで会った人々も最高」と語るスペースXのインターン Space X/YOUTUBE

<宇宙開発に携わりたいなら、イーロン・マスクが作ったベンチャー、スペースX社がすぐにも仕事を任せられるインターンを求めている。ただし超難関だ>

アメリカの大学生はそろそろ、夏のインターンシップに申し込む季節。宇宙に瞬く本物の星々を目指す野心的な学生に人気なのは、宇宙開発ベンチャーの「スペースX」。電気自動車メーカー「テスラ」の創業者、イーロン・マスクが世界中の頭脳をかき集めて立ち上げた。そのスペースXが学生のために用意している極めて実践的なインターンシップが「スペースXユニバーシティ・プログラム」。学生の審査にはときに6カ月もかけるというほどの難関だ。

スペースXのインターンはコーヒーを入れたりコピーをしたりしない代わりに、「社員と同じような責任を与えられ、チームの一員として働く」ことを求められる。学生インターンは、春夏秋のいずれかに最低12週間、全米7カ所にあるスペースXの事業所に勤めることになる。

spacex-falcon-heavy-launch-pad.jpg
2月6日、打ち上げに成功したスペースXの最新ロケット「ファルコンヘビー」SPACEX/FLICKR

スペースXが学生全般に求める「望ましいスキルと経験」は、優れたコミュニケーション能力、マイクロソフト・オフィスを使いこなす「中級程度の」知識、そしてもちろん、他のインターンシップや仕事を通じた経験も歓迎だ。

選考過程は徹底している。インターンやエンジニア見習いための募集職種はネットに詳しく列挙されており、書類審査に受かった応募者にはリクルーターから面接の連絡がくる。応募件数が膨大なので、落ちた人への連絡はない。数回に渡る電話面接を切り抜けた後は、テストかプロジェクト的な課題が与えられることもある。

すべてのインターンに共通するのは「挑戦しがいと責任のある実地のプロジェクトを与えられ、スペースXの事業と使命に直接関わる」ことだと、スペースXは言う。仕事は、コンピューター・プログラミングから政府との打ち上げ交渉、宇宙船の設計まで多岐にわたる。スペースXには、こうして揉まれた後、社員になった元インターンも多い。

スペースXのインターン募集ビデオ。多くのインターンや元インターンがやりがいを証言

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:中国発グローバルアプリ TikTokの衝撃

2018-12・25号(12/18発売)

世界に広がる中国発の動画アプリTikTok 10代・20代が夢中になるその秘密とは

人気ランキング

  • 1

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 2

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 3

    フィリピンはゴミ捨て場か!と反韓の声 韓国業者が違法産廃を大量に「輸出」

  • 4

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳…

  • 5

    永住者、失踪者、労働者──日本で生きる「移民」たち…

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 8

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 9

    太陽コロナに触れる探査機、熱で溶けない4つの理由:…

  • 10

    マズローの欲求5段階説にはさらに上があった。人類…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 8

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月