最新記事

キャリア

米インターンシップの最高峰「スペースX」のやりがい

What It Takes to Intern at Elon Musk's SpaceX

2018年2月27日(火)19時30分
ニナ・ゴドルゥイスキ

「素晴らしい経験をしている。ここで会った人々も最高」と語るスペースXのインターン Space X/YOUTUBE

<宇宙開発に携わりたいなら、イーロン・マスクが作ったベンチャー、スペースX社がすぐにも仕事を任せられるインターンを求めている。ただし超難関だ>

アメリカの大学生はそろそろ、夏のインターンシップに申し込む季節。宇宙に瞬く本物の星々を目指す野心的な学生に人気なのは、宇宙開発ベンチャーの「スペースX」。電気自動車メーカー「テスラ」の創業者、イーロン・マスクが世界中の頭脳をかき集めて立ち上げた。そのスペースXが学生のために用意している極めて実践的なインターンシップが「スペースXユニバーシティ・プログラム」。学生の審査にはときに6カ月もかけるというほどの難関だ。

スペースXのインターンはコーヒーを入れたりコピーをしたりしない代わりに、「社員と同じような責任を与えられ、チームの一員として働く」ことを求められる。学生インターンは、春夏秋のいずれかに最低12週間、全米7カ所にあるスペースXの事業所に勤めることになる。

spacex-falcon-heavy-launch-pad.jpg
2月6日、打ち上げに成功したスペースXの最新ロケット「ファルコンヘビー」SPACEX/FLICKR

スペースXが学生全般に求める「望ましいスキルと経験」は、優れたコミュニケーション能力、マイクロソフト・オフィスを使いこなす「中級程度の」知識、そしてもちろん、他のインターンシップや仕事を通じた経験も歓迎だ。

選考過程は徹底している。インターンやエンジニア見習いための募集職種はネットに詳しく列挙されており、書類審査に受かった応募者にはリクルーターから面接の連絡がくる。応募件数が膨大なので、落ちた人への連絡はない。数回に渡る電話面接を切り抜けた後は、テストかプロジェクト的な課題が与えられることもある。

すべてのインターンに共通するのは「挑戦しがいと責任のある実地のプロジェクトを与えられ、スペースXの事業と使命に直接関わる」ことだと、スペースXは言う。仕事は、コンピューター・プログラミングから政府との打ち上げ交渉、宇宙船の設計まで多岐にわたる。スペースXには、こうして揉まれた後、社員になった元インターンも多い。

スペースXのインターン募集ビデオ。多くのインターンや元インターンがやりがいを証言

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

米下院、大型農業法案を可決 フードスタンプ制度を変

ワールド

ルピアの年初来の下落、「耐えられる」=インドネシア

ワールド

英国、「無秩序な」EU離脱に向かっている=ドイツ産

ワールド

米下院、合法移民向けビザ削減法案を否決 一部共和党

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始めた

  • 3

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「ダディ、これどうするの?」──不法移民の親子引き…

  • 7

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 8

    米国、不法移民の親子を一緒に収容へ トランプが大…

  • 9

    エリザベス女王の従弟が英国王室初の同性婚へ 実娘…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月