最新記事

朝鮮半島危機

第2次朝鮮戦争後の東アジアで何が起こる?

The Taiwan Strait After a Second Korean War

2018年2月6日(火)17時50分
エリック・チャン(米空軍政策分析官〔中国政治・安全保障担当〕)、ピーター・ロフタス(米空軍少尉)

中国と台湾の間でいざこざが起きたとき、統一朝鮮は駐留米軍が台湾海峡に派遣されることを嫌がるだろう。これは中国にとっては好ましいことであり、統一朝鮮との国境防衛に神経をとがらせずに、中国軍を台湾方面に動かすことができる。

第2次朝鮮戦争が起きれば、日本の地政学的環境は大きく変わるだろう。短期的には、日本経済が受ける打撃は大きい。金政権はほぼ確実に日本にもミサイルを発射するだろうし、年間7兆円超の日韓貿易は壊滅的な打撃を受けることになる。

しかし、北朝鮮の脅威がなくなれば、これまでその対策に向けられていたリソースを他に向けることができるため、長期的には日本の外交政策はより積極的になるだろう。統一朝鮮は、おそらく中国とアメリカ両方と良好な関係を維持しようとするだろうが、日本は中国と統一朝鮮に対する自衛のため、アメリカとの同盟強化を図るだろう。

しかも日本と中国は長年、インド・太平洋地域における経済的・外交的影響力拡大をめぐり、静かな競争の火花を散らしてきた。それは朝鮮有事後に一段と悪化するはずだ。

台湾は唯一、第2次朝鮮戦争を(物理的に)無傷で乗り切る可能性が高い。統一朝鮮も日本も、東アジアで覇権を築こうとする中国に対抗するため、台湾と非公式の関係拡大に努めるだろう。台湾はこうした国際的な承認拡大を歓迎するはずだ。

また、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が唱える「新南向政策」に倣い、台湾では東南アジアとの経済連携を強化して、経済的な中国依存から脱却しようとする動きが加速するだろう。そのいずれも中国にとっては面白くない話であり、中台関係は大幅に悪化する可能性が高い。

最近のアメリカは、目先の朝鮮半島の危機管理方法(北朝鮮の封じ込めか戦争)にばかり目を向け、戦後の中長期的シナリオや、それが東アジア諸国とアメリカの関係にどのような影響を与えるかは、ほとんど検討していないようだ。

トランプ政権は、今すぐこうしたシナリオの検討を始めるべきだ。さもないと、アメリカはこれまで北朝鮮に対して取ってきた瀬戸際政策を、中国に対して取ることになりかねない。

<本誌2018年2月16日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

From thediplomat.com

ニュース速報

ワールド

米大統領「北朝鮮で完全な非核化開始」、当局者は確認

ワールド

日本、韓国をWTO提訴 ステンレス関税巡り

ワールド

障壁設ける貿易相手国、一段と苦痛味わう環境必要=米

ビジネス

ドル、11カ月ぶり高値から下落 ポンドは中銀会合受

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    エリザベス女王の従弟が英国王室初の同性婚へ 実娘…

  • 10

    米国、不法移民の親子を一緒に収容へ トランプが大…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 7

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 8

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 8

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 9

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 10

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月