最新記事

起業家

EV、宇宙開発から火炎放射機まで、イーロン・マスクのジョークを現実にする力

Elon Musk and the World's Fastest-Selling Flamethrower

2018年1月31日(水)20時00分
アンソニー・カスバートソン

マスクのもう1つのプロジェクト、高速地上輸送ハイパーループのコンテストで(2017年8月) Mike Blake- REUTERS

<ロサンゼルスの渋滞にうんざりしたからトンネル採掘ベンチャーを作り、その資金調達のために火炎放射機を売る。EVのテスラやスペースXとかけ離れていても関係ない>

米ロサンゼルスの渋滞にうんざりした電気自動車テスラのイーロン・マスクCEOが、地下トンネルを整備するためのトンネル採掘ベンチャー「ボーリング(うんざり)・カンパニー(Boring Company)」を立ち上げる、と初めて発表した時、人々は冗談だと思った。だがそれから1年以内には、ロスの地下に開いた最初のトンネルの写真がネット上に表れた。

webt180131-tunnel.jpg
ロサンゼルスの地下にマスクが初めて本当に開けたトンネル(2017年10月27日) The Boring Company

昨年12月に、ボーリング・カンパニーの資金調達のために火災放射器を売るつもりだと発表した時も、頭のいい大富豪がまた冗談を言い出した、と多くの人が思った。

彼の冗談はいつものことだ。1月29日には、テスラから「うっかりドライバー新発売」と、車を忘れてきたらしい運転手の写真をツイートした。

だが、マスクが属するハイパーリアリティの世界では、冗談が現実になることもしばしば。火災放射器を販売すると発表してから1カ月余りが経った1月28日、マスクはツイッターで完成品を披露し、「この子たちをよろしく」とコメントした。

webt180131-musk02-1.jpg
マスクが本当に売り出した火炎放射機。価格は500ドル The Boring Company

実は火災放射器はボーリング・カンパニーの資金調達第2弾で、第1弾は昨年10月に発売した20ドルのロゴ入り野球帽「世界一ボーリング(うんざりする)帽子」だった。帽子はあっという間に完売し、2016年に設立したばかりのボーリング・カンパニーは100万ドルの資金を調達した。さらに火災放射器を2万個売れば、1000万ドルの資金を手にできる。

予約販売開始から48時間以内に1万個売れた、とマスクはツイートした。史上最速で売れた火災放射器になりそうだ。

マスクは「口だけ」とウォズニアック

だが、誰もがマスクのビジネスの才能を信じているわけではない。かつてマスクの最大の支援者だった米アップルの共同創業者スティーブ・ウォズニアックはつい一週間前、テスラの新型EVセダン「モデル3」の生産が遅れていることを例に挙げ、マスクのモノを売る能力が優れているのは口先だけかもしれない、と指摘した。

ボーリング・カンパニーという社名は、マスクが離婚と復縁を繰り返した英女優タルラ・ライリーが考案した。次々と企業を立ち上げては成功させる彼が手がけた最新のベンチャーだ。過去には米電子決済大手のペイパルを創業、売却した資金を元手にテスラや、人類を多惑星種にするという野望を掲げる宇宙開発ベンチャー「スペースX」など、事業の幅を広げてきた。

テスラもスペースXも、設立当初は間違いなく失敗するだろうと見られていた。電気自動車も宇宙開発事業も、うまくいった前例がなかったからだ。

ボーリング・カンパニーが、ロスの「気の変になる渋滞」を解消するという目標も、達成できるかどうかはまだわからない。だが失敗しても大丈夫。また奇抜な製品を売って大儲けすればいいのだから。

(翻訳:河原里香)

ニュース速報

ビジネス

米中ハイテク株の選好鮮明に、新興国株はショート=B

ワールド

ユーロ圏共通予算、EU予算に統合される可能性=メル

ワールド

原油先物は下落、米在庫増や需要悪化懸念で

ビジネス

米テスラ、株式非公開化巡り特別委設置 マスク氏の正

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月