最新記事

起業家

EV、宇宙開発から火炎放射機まで、イーロン・マスクのジョークを現実にする力

Elon Musk and the World's Fastest-Selling Flamethrower

2018年1月31日(水)20時00分
アンソニー・カスバートソン

マスクのもう1つのプロジェクト、高速地上輸送ハイパーループのコンテストで(2017年8月) Mike Blake- REUTERS

<ロサンゼルスの渋滞にうんざりしたからトンネル採掘ベンチャーを作り、その資金調達のために火炎放射機を売る。EVのテスラやスペースXとかけ離れていても関係ない>

米ロサンゼルスの渋滞にうんざりした電気自動車テスラのイーロン・マスクCEOが、地下トンネルを整備するためのトンネル採掘ベンチャー「ボーリング(うんざり)・カンパニー(Boring Company)」を立ち上げる、と初めて発表した時、人々は冗談だと思った。だがそれから1年以内には、ロスの地下に開いた最初のトンネルの写真がネット上に表れた。

webt180131-tunnel.jpg
ロサンゼルスの地下にマスクが初めて本当に開けたトンネル(2017年10月27日) The Boring Company

昨年12月に、ボーリング・カンパニーの資金調達のために火災放射器を売るつもりだと発表した時も、頭のいい大富豪がまた冗談を言い出した、と多くの人が思った。

彼の冗談はいつものことだ。1月29日には、テスラから「うっかりドライバー新発売」と、車を忘れてきたらしい運転手の写真をツイートした。

だが、マスクが属するハイパーリアリティの世界では、冗談が現実になることもしばしば。火災放射器を販売すると発表してから1カ月余りが経った1月28日、マスクはツイッターで完成品を披露し、「この子たちをよろしく」とコメントした。

webt180131-musk02-1.jpg
マスクが本当に売り出した火炎放射機。価格は500ドル The Boring Company

実は火災放射器はボーリング・カンパニーの資金調達第2弾で、第1弾は昨年10月に発売した20ドルのロゴ入り野球帽「世界一ボーリング(うんざりする)帽子」だった。帽子はあっという間に完売し、2016年に設立したばかりのボーリング・カンパニーは100万ドルの資金を調達した。さらに火災放射器を2万個売れば、1000万ドルの資金を手にできる。

予約販売開始から48時間以内に1万個売れた、とマスクはツイートした。史上最速で売れた火災放射器になりそうだ。

マスクは「口だけ」とウォズニアック

だが、誰もがマスクのビジネスの才能を信じているわけではない。かつてマスクの最大の支援者だった米アップルの共同創業者スティーブ・ウォズニアックはつい一週間前、テスラの新型EVセダン「モデル3」の生産が遅れていることを例に挙げ、マスクのモノを売る能力が優れているのは口先だけかもしれない、と指摘した。

ボーリング・カンパニーという社名は、マスクが離婚と復縁を繰り返した英女優タルラ・ライリーが考案した。次々と企業を立ち上げては成功させる彼が手がけた最新のベンチャーだ。過去には米電子決済大手のペイパルを創業、売却した資金を元手にテスラや、人類を多惑星種にするという野望を掲げる宇宙開発ベンチャー「スペースX」など、事業の幅を広げてきた。

テスラもスペースXも、設立当初は間違いなく失敗するだろうと見られていた。電気自動車も宇宙開発事業も、うまくいった前例がなかったからだ。

ボーリング・カンパニーが、ロスの「気の変になる渋滞」を解消するという目標も、達成できるかどうかはまだわからない。だが失敗しても大丈夫。また奇抜な製品を売って大儲けすればいいのだから。

(翻訳:河原里香)

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅反落、下げ幅一時500円超 2

ワールド

原油先物は横ばい、サウジが市場で「責任ある役割」果

ワールド

ドイツ、核廃棄条約存続でNATOに協力要請へ

ワールド

独首相、記者死亡の真相解明までサウジ向け武器輸出停

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界で昆虫が急速に減少していることがわかった──プ…

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 8

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    アマゾンなどに「フェイク・レビュー」、英消費者団…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月