最新記事

265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

2018年1月30日(火)17時20分
松丸さとみ

2015年のブラッドムーン(赤い月) Arnd Wiegmann-REUTERS

<31日、満月が通常よりも大きく見える「スーパームーン」と、月に2度目の満月となる「ブルームーン」、そして皆既月食により月が赤っぽく見える「ブラッドムーン」がすべて同時に起こる>

スーパー・ブルー・ブラッドムーンとは?

時折、ふと空を見ると異様に赤くて大きな満月がぽっかり浮かんでいてびっくりした、という経験はないだろうか。31日の夜は、そんな月が見られると予測されている。しかも今回は、地域によっては約150年ぶりという、非常に珍しい天体イベントだ。

31日に楽しめるのは、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼ばれる現象だ。月の距離が地球に最も近くなる「スーパームーン」と、月に2度目の満月となる「ブルームーン」、そして皆既月食により月が赤っぽく見える「ブラッドムーン」がすべて同時に起こる。

科学系のニュースサイト「Phys.org」によると、スーパームーンは通常の月と比べると14%大きく、30%明るく見える。頻度としては、スーパームーンは年に4〜6回、ブルームーンは、2年8カ月に1回、皆既月食は年に2回以上、それぞれ起こるものらしい。つまり、それぞれ単体で考えるとわりと頻繁に起こっているようだが、これが3つ同じタイミングで起こるというのが、珍しいようだ。


では、実際どのくらい珍しい天体現象なのだろうか? 英語メディアは、「150年ぶり」と興奮気味に報じている。というのも、北米でスーパー・ブルー・ブラッドムーンが前回見られたのは1866年3月31日だったからだ。

しかし宇宙や天文学のニュースを扱うサイトspace.comによると、日本を含む東アジアでは、1982年12月30日にスーパー・ブルー・ブラッドムーンが起こっていた。というのも、ブルームーンは月に2度目の満月である必要があるが、12月30日の前の満月は東半球では12月1日だった。このためブルームーンになったのだが、北米では11月30日に満月になっており、12月30日はその月初めての満月で、つまりはブルームーンにはならなかったのだ。

ということで、北米では約150年ぶりの珍しい現象ではあるが、日本では約36年ぶりとなる。しかし、かと言って珍しくないわけでは決してない。米誌フォーブス電子版は、いかに珍しい出来事であるかを計算し、全ての満月を100とすると、スーパームーンが起こる確率は約25%、ブルームーンは3%、皆既月食は5.6%とはじき出した。つまりこれが全て同時に起こる確率は、0.042%になるという。満月2380回に1度起こることになり、計算上、平均して265年に1度の出来事らしい。

夜は南東の空に注目

アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、アジア、オーストラリア、ニュージーランド、東ロシア、中東にいる人は、今回のスーパー・ブルー・ブラッドムーンを、1月31日に月が出てくる時刻に楽しむことができる。北米の西海岸、アラスカ、ハワイにいる人は、同日の日の出前になるという。

今回の皆既月食は、日本のどこででも最初から最後まで観測可能だ。space.comの前述とは別の記事によると、日本では午後7時51分に地球の影が月に落ち始める(半影)。そして日本の国立天文台ウェブサイトによると、20時48分に月が欠け始め(本影)、21時51分に完全に地球の影に隠れる皆既食になるという。この皆既食は23時08分まで1時間17分続くらしいので、たっぷり楽しめそうだ。今のところ、天気予報は晴れ。この時間は、南東から南の空を注目しよう。

なお、万が一見逃してしまった場合は、NASAのサイトでライブストリーミングが行われるらしいので、諦めずにそちらをどうぞ。

ニュース速報

ビジネス

アングル:トランプ氏、くるくる変わる「ドル発言」の

ビジネス

日銀が金融緩和の持続性向上策を議論へ、長期金利目標

ビジネス

トランプ米大統領、FRBの利上げを再度批判 「米国

ワールド

アングル:カジノ関連国内企業の動き活発化へ、IR法

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 2

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方がいい深いワケ

  • 3

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

  • 4

    トイレ普及急ぐインド 「辱め」を受ける外で排泄す…

  • 5

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 6

    感情をうまくコントロールできない子に育つ ヘリコ…

  • 7

    「ありがとう日本」中国人のワールドカップ反省会

  • 8

    自らを「ユダヤ人国家」と定めたイスラエルは、建国…

  • 9

    「性の喜び」ピークは64歳、90歳でも現役! その理…

  • 10

    世界で10万人以上が学んできた「先延ばし」克服の科…

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 4

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 …

  • 5

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 6

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 7

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 5

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 6

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 7

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月