最新記事

欧州難民危機

EU-トルコ協定の意義と課題

欧州の難民危機の収束とシェンゲン圏の安定を導くという綱渡り

2016年5月10日(火)06時30分
佐藤俊輔

根本的なジレンマを抱えて 4月に独首相メルケルがトルコの難民収容施設を訪ねたが・・ Steffen Kugler-REUTERS

協定は欧州の難民危機を収束させるための最大の柱

 4月23日、独首相メルケルがトルコの難民収容施設を訪ねた。EUとトルコの間では先月からギリシャへの不法移民を全てトルコへ送還することを定めた協定が結ばれており、訪問はEUのなかに残るトルコ内の人権状況への疑念を洗い流そうと試みたものであったように思える。

 目下のところ、このEU-トルコ協定は昨年から急激に深刻化した欧州の難民危機を収束させるための最大の柱となっているため、本記事では同協定についてその政治的意義と、法的・倫理的課題の観点から考察を加えたい。

 この協定は昨年来、難民危機を収束するためにEUがトルコに働きかけ、模索してきた協調の成果のひとつである。

 昨夏からEUへ流れ込む難民の主要ルートはトルコからギリシャ、次いでマケドニアを通ってハンガリーやスロヴェニアを経由し、ドイツ等へ至るというものであり、またヨルダン、レバノン、トルコなどシリア近隣諸国に逃れていた難民の2次移動が危機を加速していると考えられたため、EUにとってトルコとの協調は欠くことの出来ないものであった。

 協定の柱となるのはトルコからギリシャへ入国した全ての不法移民のトルコへの再送還である。もちろんEUは単に難民に対してドアを閉ざしたわけではなく、これと併せて「1対1」枠組みというものを創出し、EUからトルコへひとり不法入国者を送還する度に、ひとりのシリア人難民を第3国定住の枠組みで受け入れ、EU内で加盟国に割り当てるものとした。加えてEUは協力を頼んだトルコへの1億6500万ユーロ(概ね200億円程)の人道支援も行うとしている。

トルコは十分な国際的保護を難民に提供しているか

 とはいえ協定の目的がトルコからEUへの無制限な人の移動を止めることにあったことは明らかであった。そして協定発効前は3週間で26,878人であった不法移民が発効後3週間で5847人に減少したとの欧州委員会報告からは、現在のところEUが波状的な人の流れを抑制することにかなりの程度成功したと評価して良いだろう。

 しかし、このことは決して協定が問題なしであることを意味しない。最大の問題はトルコがEU法から見て十分な国際的保護を難民に提供しているかである。

 法的にはEU加盟国が不法に入国した人々を送還できる場合は2通りあり、ひとつは加盟国にたどり着いた避難民が庇護申請を行わなかった場合、もうひとつは当該避難民が各加盟国の定める「安全な第3国」か「最初の庇護国」を経由していた場合である。

 厳密にはトルコは非ヨーロッパ人に難民の資格を認めていないため、実際的な問題はトルコが「安全な第3国」と言えるかに絞られるが、UNHCRやヒューマン・ライツ・ウォッチ等、多くの国際組織、NGOがこの点に疑念を示しており、アムネスティ・インターナショナルはトルコが違法にシリア難民を送還しているとも指摘している。

ニュース速報

ビジネス

米キング・ストリート、東芝株を一部売却 過去に社外

ワールド

上海ディズニー、25日から営業一時停止 新型肺炎の

ワールド

トルコ、ボラティリティーの抑制必要=中銀議事要旨

ワールド

全日空、1月の武漢便欠航を決定

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 5

    「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 8

    放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 5

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 6

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 9

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 10

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月