最新記事

音楽

「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・デュランが語る40周年

Forty Years Later

2021年10月22日(金)19時37分
デービッド・チウ

211026P52_DUD_01.jpg

1981年当時の写真(左からアンディ・テイラー、ジョン・テイラー、ルボン、ロジャー・テイラー、ローズ) MICHAEL PUTLAND/GETTY IMAGES

2人目はジョルジオ・モルダー。彼は収録曲「ビューティフル・ライズ」や「トゥナイト・ユナイテッド」の共同プロデュースを手掛けた。彼とデュラン・デュランの出会いは、6年前のGQメン・オブ・ザ・イヤーの授賞式。「その1年後にようやくスケジュールが合って、一緒にスタジオに入ることができた。彼は完璧なプロフェッショナルで、私たちが望むもの全てを兼ね備えている人物」だったと、ローズは言う。

そして3人目が、ブラーのグレアム・コクソン。アルバム収録曲のほとんどで、彼はギターを担当した。2006年にアンディ・テイラーが抜けて以降、デュラン・デュランには決まったギタリストがいなかった。

「僕らは同じようなフレーズを繰り返させて、ギタリストの良さを殺してしまう傾向がある」と言ったのはベースのジョン。「でも、グレアムには自由に弾かせるしかなかった。それくらい彼の演奏は素晴らしかった」

コロナで打ちのめされた日々

何か新しいことをやろうと言って、メンバーが集まったのは3年前のこと。当初は多くても6曲くらいのEPでいいと思っていたが、結果は15曲のフルアルバムに。中には「インヴィジブル(見えないもの)」のように、コロナ禍のシュールな時代を予見したような楽曲もある。

「すっかり打ちのめされた気分の日々もあった」と、ルボンは言う。「でも、負けちゃいけない、絶対に前へ進むんだという覚悟があった。それがアルバムのテーマだ。どんな問題も乗り越えて立ち上がる。そういうことだ」

ジョンによれば、昨年のロックダウン中はアルバム作りを中止せざるを得なかった。「昨年の夏にはリリースする予定だったけれど、3月にはスタジオを閉めて、みんな家に帰った。9カ月後にスタジオに戻って制作を再開したとき、作った曲を聴き直したら、この状況にぴったりの曲がたくさんあった。「トゥナイト・ユナイテッド」や「フューチャー・パスト」はパンデミックの歌のように聞こえるかもしれないが、どちらもパンデミックの前に作っていた」

今年はデビューアルバム『デュラン・デュラン』の発表から40年という節目の年だ。落ち目の工業都市バーミンガムで78年にニック・ローズとジョン・テイラーが結成したデュラン・デュランは、景気の見通しも暗くパンクの人気も凋落していたイギリスに、そのスタイリッシュな音楽で明るい未来を見せてくれた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米アメックス、第4四半期利益が予想上回る 利用額が

ビジネス

米ベライゾンの第4四半期、契約件数が予想上回る 5

ビジネス

IMF、22年のロシア成長率見通し2.8%に下方修

ビジネス

米CB消費者信頼感、1月は113.8に低下 消費意

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台200万ドルのスーパーカーとは?

  • 4

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 5

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    真偽を宙づりにするNHKの謝罪

  • 9

    勤続23年の国際線CA、まったくの別人だった 43年前…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 6

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 7

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 8

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月