最新記事

日本を置き去りにする 作らない製造業

日本の製造業がインダストリー4.0に期待するのは「危険な発想」

A Diagnosis for Japan

2017年12月13日(水)18時04分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

11月10日、製品検査データの偽装について記者会見で謝罪した神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(中央)ら  Toru Hanai-REUTERS


20171219cover-150.jpg<ニューズウィーク日本版12月12日発売号(2017年12月19日号)は「日本を置き去りにする 作らない製造業」特集。ものづくり神話の崩壊にうろたえるニッポン。中国の「自社で作らない」、ドイツの「人間が作らない」という2つの「製造業革命」を取り上げたこの特集から、凋落の日本製造業への処方箋を聞いたインタビュー記事を転載する>

日本のものづくりに黄信号がともるなか、信頼性を揺るがす不祥事が多発している。何が問題で、どうすれば復活できるのか。コンサルティング会社ローランド・ベルガーの日本法人会長で、製造業に詳しい経営コンサルタントの遠藤 功にジャーナリストの高口康太が聞いた。

◇ ◇ ◇

――神戸製鋼所のデータ偽装問題など、日本の製造業は暗いニュースが続いている。

個別企業ではなく構造的な問題だ。要因は3点に整理できる。第1に「世界最高品質追求の圧力」。コモディティ化した汎用製品では韓国勢、中国勢に勝てない。だから高付加価値を追求するという戦略自体は間違っていないが、それが現場に大きなプレッシャーをかけてしまう。

その最前線で「現場力が喪失」している。これが第2のポイントだ。従業員数の削減、非正規社員の増加、定年に伴う技能継承の失敗、設備投資の抑制......。世界最高品質の実現には最高の現場力が前提となるが、その土台が疲弊している。

――現場力の回復は可能か。

ボトムアップの能力を持つ現場はトップダウンでしか作れない。経営者が現場と対話し、長期的なビジョンを持って積極的な設備投資と人材育成を行っていくしかない。

ところが今の経営者は現場に目を向けていない。第3のポイント、「コーポレート・ガバナンス(企業統治)のゆがみ」だ。国際化の名の下、「攻め」のコーポレート・ガバナンスが強調されるようになった結果、株主を気にして短期的な利益目標ばかりを追い求めるようになってしまった。

――コーポレート・ガバナンスが問題だと。

そのものではなく、コーポレート・ガバナンスの近視眼的な受容がゆがみをもたらした。アメリカではアマゾンが創業以来赤字決算を連発しても企業価値は高まるばかりだ。経営者のジェフ・ベゾスの長期的な戦略が理解されているからだ。

日本の経営者には彼のように長期的なビジョン、夢や理想を語れる人物が少ない。だから利益を上げても積極的な設備投資ができず、内部留保として積み上げるしかなくなっている。

【参考記事】「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

ニュース速報

ビジネス

日立子会社の英原発建設計画、欧州委が環境面で「肯定

ワールド

オランダで音楽フェス終了後の会場に車が突っ込む 1

ワールド

ロンドン市など、ガソリン・ディーゼル車の販売禁止前

ワールド

さらなる被害顕在化、先手先手で対応を=大阪北部地震

MAGAZINE

特集:米朝会談 失敗の歴史

2018-6・19号(6/12発売)

和解と決裂を繰り返し3度も戦争の瀬戸際に迫った30年の交渉の歴史から米朝首脳会談の行方を読み解く

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始まる

  • 2

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 3

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 4

    大阪北部で震度6弱、3人死亡 JR・私鉄が運休、工…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 7

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 8

    イスラエルとイラン、戦争で勝つのはどっちだ

  • 9

    サッカー選手もアイドルも ウイグル絶望収容所行き…

  • 10

    安倍首相「北朝鮮非核化の費用は日本も負担 経済援…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人生初のセックスは「上手くいった」!

  • 4

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 5

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 6

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 7

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 8

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 9

    「寄付してくれたら結婚します」 白血病の妹を助け…

  • 10

    海外で見た酷すぎるクールジャパンの実態~マレーシ…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 8

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女児型セックスロボットは社会の敵

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月