コラム

トランプ大統領は「政府の番犬」監察官が邪魔だった?(パックン)

2020年06月11日(木)18時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプ大統領は「政府の番犬」監察官が邪魔だった?(パックン)

Muzzling the Watchdog / (c) 2020 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<しばしば「番犬」と呼ばれる監察官の仕事は税金泥棒や政府の私物化から国民を守ること――しかしアメリカでは、コロナ禍のどさくさに紛れて2カ月間に5人の監察官が解任されている>

常時なら許されない行為も非常時には見落とされる。日本でいう「火事場泥棒」に近いが、アメリカではこういう現象を「タイタニック号の食器を盗む」と......言わない。僕が勝手に作った表現だけど、自信作だ。

そんな存在もしない表現にぴったり当てはまることが今、アメリカで起きている。新型コロナウイルスの感染拡大に国民が目を奪われているなか、ドナルド・トランプ大統領がどさくさに紛れて次々と政府内の監察官を解任している。

それもこの2カ月ほどで国務省、国防総省、諜報などの重要な機関から、5人もの監察官を。理由を聞かれても、ほとんど「大統領の権限だ」としか説明していない。しかし、解任されたのはトランプに対する内部告発を扱った監察官、コロナ危機中の医療用品不足を明かした監察官、補助金決定プロセスにおける運輸長官の地元びいき疑惑を調べていた監察官、国務長官による職員や税金の私的利用疑惑を調べていた監察官で、その共通点からテーマが見えてくる。解任の本当の理由は、トランプ本人や側近に対する捜査を阻止するため、または以前の「借りを返す」ためだと推測される。皮肉にも、政権内の同種の「政治的な仕返し」について捜査中の監察官も今回、政治的な仕返しを食らった形だ。

税金泥棒や政府の私物化をする政治家から国民を守るという意味で、監察官はよくwatchdog(番犬)と呼ばれる。風刺画では、番犬がいい仕事をしていると知った「家主」が、番犬を金魚に交代させる。もちろん、「番魚」は悪人を止める力も誰かを守る力もない。この小さな金魚鉢だとすぐ死ぬし......(実体験)。

監察官の解任は当然、大問題だ。しかし、今はそれに目をやる余裕はない。まずはコロナ危機への対応を急がないと。そして、監察官を解任した人よりも、コロナ感染拡大を防げなかった人の責任追及が急務だ。しかし不思議なことに、両者は同一人物。国内感染が確認される数週間前に、新しい感染症の警告を中国当局からも米政府内の専門家からも受けたのに、トランプは水際作戦も、クラスター対策も、医療システムの強化もしなかった。結果、200万人近く感染し、10万人以上が亡くなる大惨事になった。そして、その最中に監察官をクビにした。つまり、火事場泥棒が放火魔。食器を盗んだのは、そもそも船を氷山に突っ込ませた船長だ。

【ポイント】
YOUR WATCHDOG IS REALLY DOING HIS JOB, Mr. PRESIDENT!
あなたの番犬はしっかり仕事をしていますよ、大統領閣下!

THANKS FOR THE HEADS UP...I TOOK CARE OF IT.
警告をありがとう。対処しておいた。

<本誌2020年6月16日号掲載>

20200616issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年6月16日号(6月9日発売)は「米中新冷戦2020」特集。新型コロナと香港問題で我慢の限界を超え、デカップリングへ向かう米中の危うい未来。PLUS パックンがマジメに超解説「黒人暴行死抗議デモの裏事情」

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発し420円高、米株高を好感 修正買い

ビジネス

楽天、1-6月期は274億円の純損失 売上収益予想

ビジネス

ソフトバンクG、20年4―6月期純損益は1.25兆

ビジネス

街角景気、7月は前月比+2.3ポイント 企業・雇用

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 8

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!