コラム

Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

守られるべき少数派は黒人ではなく白人? 共和党の最大の武器「フィリバスター」とは(パックン)

<議事妨害「フィリバスター」という制度をうまく利用してきた共和党は、民主党が進める制度の全面廃止に全力で抵抗> 米連邦議会上院で見られる議事

2021.04.14
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

差別的な人物を描くのはフィクションでもダメ?(パックン)

<人種、ジェンダーの差別につながる表現は、かつては「普通」だったものまで次々に存在を消されつつある> 黒人の人権を訴えるBlack Live

2021.04.02
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

バイデンの「大人外交」は実は血みどろ(パックン)

<記者殺害事件でサウジアラビアと皇太子を厳しく批判する......はずだったバイデン政権だが> ワシントン・ポストなどに寄稿するサウジアラビ

2021.03.19
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

米保守派の大スター、ラッシュ・リンボーの負の遺産(パックン)

<1988年から30年以上にわたって全国放送で保守派の怒りや憎しみをあおり、1000万人超のリスナーに行動を呼び掛けた> 日本で知られていな

2021.03.06
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

実害を及ぼすアメリカの陰謀論はもう笑えない!(パックン)

<陰謀論は面白いが、陰謀論者が連邦議員に当選したらもうちっとも面白くない> 陰謀論はキラーコンテンツだ。証拠も根拠もない荒唐無稽な主張はよく

2021.02.20
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

議会襲撃でわかった、アメリカはもはや「こんな国」(パックン)

<トランプの嘘や陰謀論を信じ込み、現実にあらがい暴力に走る――こんな醜い光景にも人々はもう驚かない> This is not who we

2021.02.06
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

議会襲撃とBLM、2つのデモで米警察が見せたダブルスタンダード(パックン)

<事実無根の主張に煽られたトランプ支持の白人による議事堂乱入には手を貸し、不公平の是正を求めるBLMには厳戒態勢> 今月6日、(空想上の)選

2021.01.22
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

わがまま放題のトランプの願いにイエス様は「ノー」(パックン)

<クリスマスから年末年始は慈善行為や寄付の盛んな季節。トランプの「注目や愛情を強く欲する精神状態」は十分に救済対象と言えるけど...> 弱者

2021.01.09
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

偵察機もポイっ! トランプ最後の火遊びはまるで焦土作戦(パックン)

<焦げ臭いワクチン確保、経済対策、外交、安全保障、民主主義をバイデンは「気にイラン」> 会社など組織内で余計なトラブルを起こし、他人に片付け

2020.12.16
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

「不思議の国アメリカ」の女王さまは民主主義がお嫌い!(パックン)

<国家は選挙への信頼の上に成り立っているはずなのに、民主主義の首を切ろうとした「死刑執行人」は......> ルイス・キャロルの『不思議の国

2020.12.05

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    エヴァと私の26年

  • 4

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 7

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    半数がワクチン接種済みのミシガン州も、変異ウイル…

  • 10

    ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 10

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中