コラム

キャッシュに釣られてNFLとコラボしたJay-Zの裏切り(パックン)

2019年09月07日(土)14時45分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
キャッシュに釣られてNFLとコラボしたJay-Zの裏切り(パックン)

Did Jay-Z Sell Out? / (c)2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<黒人の社会的平等を訴えて片膝を立てて抗議した稀代のQBキャパニックはアメフトから干されたままなのに......>

FL(全米プロフットボールリーグ)のサンフランシスコ49ersで最高のクオーターバック(QB)と言ったら、ジョー・モンタナかスティーブ・ヤングを挙げる人が多い。だが、彼らよりインパクトの大きなレジェンドがいる。それがコリン・キャパニックだ。

俊足で剛腕、格別の身体能力を持ち、2012年シーズン途中に負傷したQBの交代でスタメン入り。多数の記録を打ち立てチームをスーパーボウル(アメフトの王者決定戦)に導いた。そんな輝かしい逸材は今......暇!

16年、丸腰の黒人男性が白人警官に殺される事件が相次ぐなか、キャパニックは黒人の社会的平等を訴える啓発活動を始めた。活動といっても、動かないことだったけど。試合前の国歌斉唱で選手や観客が起立するとき、彼は片膝を突くようにした。そう。不公平な社会に対して立ち上がるために、しゃがんだのだ。

これはドナルド・トランプ米大統領やFOXニュースのコメンテーターをはじめ多くの保守派白人から批判され、ファンの間でも賛否両論だった。結局、17年3月にフリーエージェントを宣言したキャパニックは49ersからもほかのチームからもオファーを受けず、事実上干されてしまった。だから、暇かどうかは分からないが、少なくとも今はアメフトをやっていない。

だが、キャパニックは黒人やリベラルな国民の間ではヒーローとなり、彼を応援するために一般人も有名人も団結した。その1人が超大物ビリオネアのラッパーで起業家(そしてビヨンセの夫)のJay-Z。彼はキャパニックのジャージーを着て生放送に出たり、歌詞でNFLをディスったり、スーパーボウルのハーフタイムショーのボイコットを呼び掛けたりして抗議した。

普通なら反撃するはずのNFLだが、さすが器が大きい。先日、過去のことを水に流し(Let bygones be bygones)、Jay-Zとのコラボレーションを発表した。彼はハーフタイムショーの演出もやるようだ!

風刺画ではJay-ZもIt's mighty white of the NFL(NFLはなんて寛大だ)と感心している。これは「他人種より白人はフェアで道徳的」という差別的概念に基づく表現で、普段は皮肉でしか使わない。でも白人至上主義団体KKKを象徴する白いフードのような袋いっぱいのNFLキャッシュを抱えたJay-Zは普通にうっとりした様子。後ろで膝を突き、干されたままのキャパニックはExcuse me(なんだと!?)と異議を唱えている。

Jay-Zに裏切られた気持ちは理解できる。彼がビヨンセと結婚したときは、僕もそんな感じだった。

<本誌2019年9月10日号掲載>

20190910issue_cover200.jpg
※9月10日号(9月3日発売)は、「プーチン2020」特集。領土問題で日本をあしらうプーチン。来年に迫った米大統領選にも「アジトプロップ」作戦を仕掛けようとしている。「プーチン永久政権」の次なる標的と世界戦略は? プーチンvs.アメリカの最前線を追う。


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

米朝協議、トランプ氏は進展ある場合のみ対応=国務長

ビジネス

米、コロナ制御に失敗 経済の不確実性高い=連銀総裁

ワールド

WHOのコロナ起源検証「完全なまやかし」に=米国務

ワールド

米、ファーウェイなど中国IT企業にビザ制限も=国務

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 10

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!