コラム

トランプ「機密メモ」公開は、あのハーディング事件にそっくり(パックン)

2018年02月14日(水)18時30分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプ「機密メモ」公開は、あのハーディング事件にそっくり(パックン)

トランプが「機密メモ」という鉄パイプでFBIを襲撃 ©2018 ROGERS─PITTSBURGH POST─GAZETTE

<トーニャ・ハーディングの事件以来、非道徳な手を使って他人を倒すことを「トーニャする」と表現する>

フィギュアスケート界の姫、ナンシー・ケリガンが94年に鉄パイプで膝を殴られ、大けがをした。犯人はライバル選手トーニャ・ハーディングの元夫。一連の事件を描いた映画『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』(原題I, Tonya)はアカデミー賞に複数ノミネートされた話題作だ。ちなみに事件以来、非道徳な手を使って他人を倒すことを「トーニャする」という表現で指す。

風刺画では鉄パイプを手に愉快に滑るドナルド・トランプ米大統領の隣に、KOされたFBIの姿が見える。ロシアによる大統領選介入にトランプ陣営が協力した疑いを捜査しているFBIは、昨年からトランプの攻撃を受けている。彼は昨年5月にFBI長官を解任した。そして新しい長官を選んだのに、その彼をも批判した。捜査に関わらないと決めた司法長官に怒りをぶつけ、その代わりを務める副長官をも批判した。

1月末にはFBI副長官を辞任に追い込んだ。そして2月2日、捜査の信頼性を疑問視する「機密メモ」を、司法省の反対を押し切って公開した。このメモの作成を主導したのは元トランプ陣営でもある下院情報特別委員長。内容にはあまり説得力がないが、捜査への疑念を国民に持たせる作戦として大成功したとみられる。

このやり方は共和党の常套手段だ。半世紀も前から、不都合な真実を伝える人や機関を「偏っている」「リベラルだ」「腐敗している」「国民の敵だ」「嘘つきだ」などと批判してきた。今や、少なくとも共和党支持者の間では、メディアも専門家も学者も裁判官もそして政府自体も、何を言っても信用してもらえない状態になっている。つまり、どれもトーニャされたってこと。

その中でも、FBIはほぼノータッチだった。共和党寄りの機関だからだ。歴代長官は全員共和党員! 今回の捜査に関わっている職員もそう。なのにトランプの鉄パイプが......。

でも実は、ハーディングの話から少し希望ももらえる。暴行を受けたケリガンはすぐに回復し、リレハンメル五輪で銀メダルを取った。さらに事件の黒幕と思われたトーニャは司法妨害の罪に問われ、スケート界から追放された。FBIも復活するかも! 司法妨害したとしてトランプが追放されるかも! そんなストーリーなら『I, Donald』もぜひ見てみたい。

【ポイント】
機密メモ公開

4ページにわたる文書の内容は、トランプ陣営関係者のカーター・ページをFBIが不正に盗聴・監視していたというもの。トランプは、FBIによるロシア疑惑の捜査が反トランプに偏向している証拠だとしている

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

英FTのCEO、約3.67億円の報酬を一部返納 記

ビジネス

7月の中国への海外直接投資、前年比+14.9%=上

ビジネス

日銀の政策修正は小手先、早期に総括検証第2弾で副作

ビジネス

中国当局、インフラ投資計画の承認加速 7月は前月の

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 10

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!