コラム

優秀な人を集めるだけでは成功しない理由/devise(考案する)

2018年03月30日(金)11時00分
優秀な人を集めるだけでは成功しない理由/devise(考案する)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
Forget the pecking order at work
https://www.ted.com/talks/margaret_heffernan_why_it_s_time_to...

登壇者:マーガレット・へファナン

このTEDトークでは、5つの企業のCEOを務めた経験を持つマーガレット・へファナン氏が登壇し、チームが良い成果を出すために必要な要素について語っている。

トークの冒頭部分で彼女は、ある進化生物学者の実験について言及する。その実験は、鶏にもっと多くの卵を生ませることを目的としたものであった。実験では最も多くの卵を生む鶏を集めたのだが、結果なんとその集められた鶏たちは互いに攻撃し合って、ほとんどが死んでしまったという。

へファナン氏はそれに関して、現代の組織の多くも実はそのようなものではないかと述べている。スーパースターを一生懸命選ぼうとしても、それが成功に直結することは保証されていない。

そうすると、成功へと導いてくれるものとは一体何なのだろうか? へファナン氏が言及するある研究によれば、成功するチームには3つの共通する要素があるという。メンバーの共感力が高いこと、ディスカッションのときに皆が等しく発言すること、そして女性メンバーが多いことだ。

それに基いてへファナン氏が強調しているのは、チームメンバーが互いに良い人間関係を持つことの大切さ。それを裏付ける具体例が、このトークで多く紹介されているのが印象的だ。自分が属しているチームのパフォーマンスを上げたい人にとっては参考になる内容となっている。

キーフレーズ解説

devise
考案する
(動画0:25より)

deviseという動詞は、複雑なシステムや手続き、メカニズムや方法を深く考慮に入れたうえで計画する、または発明するというニュアンスを持ちます。

そのため、最も近い和訳は日本語の「考案する」に該当します。今回のTEDトークでへファナン氏は、進化生物学者がdeviseした実験を紹介します。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●The engineer is devising a more efficient water filtration system.
(技術者はより効率のいい水のろ過装置を考案しようとしています)

●The mediator is trying to devise a compromise between the groups that are in direct opposition to each other.
(その仲介者は真っ向から対立しているグループ間の妥協点を考え出そうとしています)

●The teacher devised a way to grade the tests in half the usual time.
(その先生はいつもの時間の半分でテスト採点を終わらせる方法を考案しました)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

ニュース速報

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

ビジネス

日産、英工場で数百人削減へ ディーゼル車需要縮小=

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 7

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    隕石内のダイヤモンド、太陽系初期に存在した大型原…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 5

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 10

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!