コラム

バイデンの副大統領候補、黒人女性議員ハリスを軸に最終調整か?

2020年07月30日(木)15時30分

そして、未来の副大統領というよりも、未来の大統領になるかもしれないという位置づけから、この人選に関しては報道が過熱気味となっています。今週は、メジャーな政治サイトのポリティコが「ハリス氏に決定」という予定原稿を間違ってアップするという「事件」まで起こりました。

また、記者会見に際してバイデン氏が「ハリス氏について聞かれた場合に備えた」メモを用意していて、それが偶然にカメラマンの撮影した高精細な写真に写ってしまって内容が明るみに出るというハプニングもありました。その内容ですが、

・「怨念はもうない」(予備選での罵倒合戦の後腐れはないということで、おそらくバイデン側がそう思っているということなのでしょう)
・「私と妻のジルと一緒に選挙運動をした」(ジル夫人がハリス氏を嫌っているという噂がありましたが、それを打ち消すという意味かもしれません)
・「才能あり」(大統領に昇任可能という意味だと思います)
・「選挙戦には大きな助け(great help)」(非常に強い表現です)
・「私は彼女を大変に尊敬している」(指名を匂わせた言葉です)

ということで、ますます「本命はハリス氏」という報道が加熱しています。それにしても、そんなメモの内容が流出するというのは妙です。一つの推理をするのであれば、民主党の一部に「ハリス氏への抵抗感」があり、それを打ち消して「ハリス指名への納得感」を醸成するために「故意に撮影させた」という可能性もあります。

その「抵抗感」というのは、例えば選対の中で「副大統領候補選考委員」を務めているというクリス・ドッド元上院議員の批判です。ドッド氏は、予備選でバイデン氏を罵倒した過去について「彼女には反省がなかった」とした上で「ハリス氏は自分が大統領になることしか考えていない」と批判。これに呼応して大口献金者から「ハリス氏への嫌悪感」が出ているという報道が流れました。「メモ流出事件」は、そうしたネガティブ報道を打ち消す効果を狙ったものかもしれません。

民主党の歴史の中では、1945年のF・D・ルーズベルト死去におけるトルーマン昇任、1963年のケネディ暗殺によるジョンソン昇任という経験を記憶にとどめているだけに、今回の副大統領候補には、やはりバイデン氏の言う「才能」は最低条件になると思います。とにかく、数日内に迫っている発表に注目したいと思います。

<関連記事:トランプ姪の暴露本は予想外の面白さ──裸の王様を担ぎ上げ、甘い汁を吸う人たちの罪

【話題の記事】
・新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・がんを発症の4年前に発見する血液検査
・これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえられる


プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

米モデルナ、11月にコロナワクチンの治験データ公表

ビジネス

第3四半期の米GDP33.1%増、コロナ禍反動 影

ワールド

ゴーン被告逃亡支援の2容疑者、米国務省が日本引き渡

ビジネス

ディズニーランド・パリが再び閉鎖、仏のロックダウン

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 5

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 6

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 7

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 8

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 9

    中国共産党化する日本政治

  • 10

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!