コラム

クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

2018年02月05日(月)19時52分

クルドの女性戦闘員

戦闘が続くなか、以前からYPGでは女性戦闘員の活動が目立っていました。YPGのなかにはクルド女性防衛隊と呼ばれる女性だけの部門があり、18歳から40歳まで約7000人のメンバーを抱えているといわれます

女性の社会参画が進む米国でさえ、米軍における全ての戦闘任務の女性兵士の参加が解禁されたのは2015年12月のことでした。これに対して、中東はむしろ女性の社会参画が遅れがちな土地として知られます。

このなかで多くのクルド人女性が最前線に立った理由は一様ではありません。AFPのインタビューによると、「ISにレイプされたり殺害されたりした友達の報復」と答える者もあれば、「家父長的な社会の慣習を断ち切るため」と答える者もあったといいます。

少なくとも、把握されている限り、クルド女性防衛隊の場合、その参加は自由意志に基づくもので、強制されたものではありません。クルド人社会ではアラブ人社会と比べて、イスラームの戒律や男性優位の構造が弱く、これが女性戦闘員登場の一因になったとみられます。

ともあれ、女性が銃を取り、自らの土地や民族のために戦う状況を指して、シリアで取材を続ける米国の女性カメラマン、エリン・トリエブは以下のように語っています。

「例えそれが彼女たちの主な目的でないとしても、クルド女性防衛隊はフェミニスト運動なんです。彼女たちは男女間の『平等』を求めています。なぜ彼女たちが戦闘に参加したか、その理由の一つはその文化のなかでの女性に対する見方を変えることなんです、自分たちが強くなれるし、リーダーにもなれるというね」

「殉教者」バリン・コバニ

この状況のなか、冒頭に紹介したように、2月3日にクルド人女性戦闘員の遺体を傷つける映像が拡散したのです。男性優位の志向が強いアラブ系民兵にとって、「自分たちに手向かう女性戦闘員」はことさら憎悪の対象になったとみてよいでしょう。

ともあれ、YPJはこの戦闘員を、クルド女性防衛隊に所属していたバリン・コバニ氏と確認したうえで、アラブ系民兵を支援するトルコを強く非難。シリアの反体制派の連合体「国民評議会」も、これを「犯罪的行為」と非難したうえで、「犯人」の調査を開始したと発表しています。

この映像はクルド人社会に大きな衝撃をもたらし、コバニ氏を含むYPJ戦闘員の葬儀には数千人のクルド人が参列し、そのなかの参列者はAFPの取材に「彼女は聖人になった」と語り、別の参列者はコバニ氏の家族に「彼女はあなたたちの娘であるだけでなく、私たちの娘でもある」と語ったといいます。

プロフィール

六辻彰二

国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。他に論文多数。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、国務長官をサウジに派遣 失踪記者

ビジネス

米老舗小売シアーズが破産法第11条申請、ネット通販

ビジネス

イタリア内閣、19年予算案承認 赤字拡大巡りEUが

ワールド

北朝鮮に真の非核化意志あれば、支援可能=マクロン仏

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 3

    ドイツだけで毎年4500万羽のひよこが殺される

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 6

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 6

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!