コラム

東京のシェア自転車は役に立ちますか?

2017年11月17日(金)18時00分
東京のシェア自転車は役に立ちますか?

中国の自転車シェアリング会社モバイクの自転車置き場(今年8月、深セン) REUTERS

<東京の自転車シェアリングの使い勝手に関するコラムに多くの反響があったが、筆者の結論は変わらない。自転車シェアリングは日本でも大きな可能性があるが、運営主体が今のままではダメだ>

本年9月に本欄で書いた「自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する理由」に対して、ネット上で多くの反響があった。

なかでも東京のシェア自転車、すなわちドコモ・バイクシェアが運営主体となり、東京都心の7つの区(千代田区、中央区、文京区、新宿区、港区、江東区、渋谷区)で実施されている「自転車シェアリング広域実験」の使い勝手の悪さに関する私の体験談の部分に対して賛否両方の意見が多い。

なかには、私の記述は「間違いだらけ」「ウソ」「事実でない」とものすごい剣幕の人もいる。使用感を素直に書いただけでこんなに罵倒されるのだったら、もう東京のシェア自転車には近寄りたくないというのが本音だが、私の認識不足があったことも否めないので、その訂正を兼ねて、批判に答えたい。

第一に、自転車を貸し借りする専用の置き場が少なく、置き場と置き場が1キロ以上離れていたりするため、東京のシェア自転車は役に立たない、と私が書いたことに対して、それはウソだと証明しようとした人がいる。その人によれば、東京の7区に全部で312カ所ある置き場のうち、11カ所(3.5%)は徒歩1キロ圏内に他の置き場がないのだという。つまりこの人は、ありがたいことに私の書いたことが本当だということを証明して下さっているのである。

自転車置き場が不便なので歩く

ただ、置き場の配置は、数百メートルごとに均等に配置すればいいといったものではなくて、多くの人が自転車に乗っていったら便利だなと思うような区間の始まりと終わりに設置するようにすることが重要である。

そうした区間として私が思い浮かべるところの一つが、JR市ヶ谷駅から、地下鉄都営新宿線曙橋駅の近くの中央大学市ヶ谷キャンパスまでの1キロほどの区間だ。地下鉄に乗れば一駅だが、市ヶ谷駅での乗り換えにけっこう時間がかかるので、私は歩いて行くことが多い。

ここにシェア自転車があれば乗っていきたい距離だが、もしドコモのシェア自転車を利用しようとすると、まず市ヶ谷駅から中央大学とは逆方向に500メートル歩いて置き場で自転車を借り、そこから2.3キロ自転車に乗り、置き場に返したら800メートル歩いて戻って中央大学に到着である。これではシェア自転車を利用する気にはならない。東京の置き場配置の問題点は、それが結局どこからどこへ向かう人を想定しているのか、その狙いがまったく見えないことだ。

第二に、中国でモバイクのシェア自転車を借りるのにはスマホを2回タッチするだけでいいので5秒程度で済むが、ドコモの場合にはスマホを20回以上タッチし、1分以上かかる、と書いたことについて、ウソだとおっしゃる方がいる。

プロフィール

丸川知雄

1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

ニュース速報

ビジネス

香港金融管理局が市場介入、米国取引時間に21.59

ビジネス

大塚家具株が軟調、身売り交渉難航と報道

ワールド

イタリア閣僚、2019年度予算を協議 債務削減と財

ビジネス

コカ・コーラ、元NBAスター選手支援のスポーツ飲料

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!