コラム

東京のシェア自転車は役に立ちますか?

2017年11月17日(金)18時00分
東京のシェア自転車は役に立ちますか?

中国の自転車シェアリング会社モバイクの自転車置き場(今年8月、深セン) REUTERS

<東京の自転車シェアリングの使い勝手に関するコラムに多くの反響があったが、筆者の結論は変わらない。自転車シェアリングは日本でも大きな可能性があるが、運営主体が今のままではダメだ>

本年9月に本欄で書いた「自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する理由」に対して、ネット上で多くの反響があった。

なかでも東京のシェア自転車、すなわちドコモ・バイクシェアが運営主体となり、東京都心の7つの区(千代田区、中央区、文京区、新宿区、港区、江東区、渋谷区)で実施されている「自転車シェアリング広域実験」の使い勝手の悪さに関する私の体験談の部分に対して賛否両方の意見が多い。

なかには、私の記述は「間違いだらけ」「ウソ」「事実でない」とものすごい剣幕の人もいる。使用感を素直に書いただけでこんなに罵倒されるのだったら、もう東京のシェア自転車には近寄りたくないというのが本音だが、私の認識不足があったことも否めないので、その訂正を兼ねて、批判に答えたい。

第一に、自転車を貸し借りする専用の置き場が少なく、置き場と置き場が1キロ以上離れていたりするため、東京のシェア自転車は役に立たない、と私が書いたことに対して、それはウソだと証明しようとした人がいる。その人によれば、東京の7区に全部で312カ所ある置き場のうち、11カ所(3.5%)は徒歩1キロ圏内に他の置き場がないのだという。つまりこの人は、ありがたいことに私の書いたことが本当だということを証明して下さっているのである。

自転車置き場が不便なので歩く

ただ、置き場の配置は、数百メートルごとに均等に配置すればいいといったものではなくて、多くの人が自転車に乗っていったら便利だなと思うような区間の始まりと終わりに設置するようにすることが重要である。

そうした区間として私が思い浮かべるところの一つが、JR市ヶ谷駅から、地下鉄都営新宿線曙橋駅の近くの中央大学市ヶ谷キャンパスまでの1キロほどの区間だ。地下鉄に乗れば一駅だが、市ヶ谷駅での乗り換えにけっこう時間がかかるので、私は歩いて行くことが多い。

ここにシェア自転車があれば乗っていきたい距離だが、もしドコモのシェア自転車を利用しようとすると、まず市ヶ谷駅から中央大学とは逆方向に500メートル歩いて置き場で自転車を借り、そこから2.3キロ自転車に乗り、置き場に返したら800メートル歩いて戻って中央大学に到着である。これではシェア自転車を利用する気にはならない。東京の置き場配置の問題点は、それが結局どこからどこへ向かう人を想定しているのか、その狙いがまったく見えないことだ。

第二に、中国でモバイクのシェア自転車を借りるのにはスマホを2回タッチするだけでいいので5秒程度で済むが、ドコモの場合にはスマホを20回以上タッチし、1分以上かかる、と書いたことについて、ウソだとおっしゃる方がいる。

プロフィール

丸川知雄

1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは106円後半、上値限定的

ワールド

鉄鋼・アルミ輸入制限、対象絞った関税制度が好ましい

ビジネス

消費増税、麻生財務相「きちんとやらせていただきたい

ビジネス

前場の日経平均は反発、米金利低下で心理改善 円高は

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 3

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 6

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 6

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 7

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!