Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.8.20号(8/ 6発売)

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019年8月20日号(8/ 6発売)

Cover Story

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

お笑い 芸人が政治に口を出しちゃダメ?
解説 パックン流危険人物図鑑
■プーチン いつ脱ぎだすか分からない権力に酔った元スパイ
■金正恩 偽物も本物も特産品 アリババで売っちゃうよ
■トランプ キング・オブ・危険人物のいいところを紹介しよう
■習近平 洞窟から誕生した最強権力者(これ本当の話)
■ボリス・ジョンソン 嘘をついても許される 離脱危機も気にしな~い
■安倍晋三 得票率19%で改憲YEAH みんな、ノってるかい?
■ 番外編  支持率+オチに注目! 米民主党の大統領候補たち
座談会 世界のお笑い研究会開催!
【PERISCOPE】
InternationaList
HONG KONG 香港不動産がデモで急落の危機
SOUTH KOREA 日韓が見習った中国の悪しき外交術
GERMANY 米主導の有志連合からドイツが一抜け
PHILIPPINES ドゥテルテが宝くじをぶっ壊す!
GO FIGURE 米IT企業と報道の信頼はがた落ち
AFGHANISTAN ビンラディンの息子殺害とアルカイダ
UNITED STATES 元CIA工作員が検証するCIAの失態
News Gallery
JAPAN 国会が岩盤のバリアを撤去
UNITED STATES プラごみ被害のクジラが誤食?
Asia
JAPAN 中国かアメリカか、日本が迫られる選択
U.S. Affairs
女性議員4人組とトランプは似た者同士
Business
FRB利下げに意外な理解者
肉を超えるビヨンド・ミートが人気急上昇中
【FEATURES & ANALYSIS】
ブレグジット 強硬離脱とアイルランド統合
米中貿易 トランプが当て込む追加関税の一石二鳥
中国 香港デモの行方は天安門より不吉
通貨 マネー3.0は人間が主役の時代に
テクノロジー 知識を宇宙で海底で永久保存
【LIFE/STYLE】
Fashion モードで宇宙を目指したピエール・カルダン
Movies 『ライオン・キング』はリアルで不気味
Autos ビートルが残したアートカーの豊かな歴史
Travel ウオーキングサファリで自然に触れる
Director 恋愛抜き映画の非ハリウッド的面白さ
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 香港デモと中国政府の「本音」
Picture Power 被爆者「沈黙の痛み」がここに
Letters
People

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!