Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.12.18号(12/11発売)

特集:間違いだらけのAI論

2018年12月18日号(12/11発売)

Cover Story

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

テクノロジー AI格差社会を生き残るために
技術革新 人工知能の進化が経済成長をもたらす日
IT企業 AIの裏側に人間がいる?

腸内細菌で高める免疫パワー最前線

サイエンス 腸内環境と免疫系のコラボが医学の常識を変える?
■解説 人の体を病気から守る驚異のシステムとは
新発見 隠れていた微小器官が予防医療を変える
研究 免疫系を活性化するウイルス発見?
■ポイント 抵抗力を弱くする5つの悪習慣
ヘルス 最新研究が明かす免疫の謎
【PERISCOPE】
InternationaList
GERMANY ミニ・メルケル党首で独与党は右旋回へ
CHINA ファーウェイCFO逮捕で一時休戦は崩壊?
LUXEMBOURG 金持ち小国が交通運賃を全て無料に
ITALY イタリアで非科学的な医療が進む?
BY THE NUMBERS 痛恨の法改正でロシアのDV急増
BRITAIN それでも根強いブレグジット撤回の現実味
ZIMBABWE 「土地改革」の無残な結末が南アを襲う
MEXICO アメリカ国境の町で交錯する嘆きと笑い
RUSSIA ロシアがインターポールを私物化する
Asia
CHINA 「赤い資本家」がIT企業に潜む
U.S. Affairs
誰かと比べると際立つ故ブッシュの偉大さ
【FEATURES & ANALYSIS】
貿易戦争 GMが証明する「米国第一」の誤算
フランス マクロン主義はそれでも生き残る
飛行機 新しい空の主役はイオン・ドライブ
【LIFE/STYLE】
Art 異形の者とのつながりが世界を喜びで満たす
Technology 自閉症児向けセラピーに人型ロボット
Science 「セックス依存症」はどこまで病気か
Animals 動物だって本当は飛行機がキライ!
Books トラウマに悩むヒーローの異色コミック
Music テイラー・スウィフト、労働者の守護神
Movies 『グリンチ』版カンバーバッチの演技力
Family 俳優ロブ・ロウが母の介護で学んだこと
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国人も怒る遺伝子編集ベビー(唐辛子)
Picture Power 赤外線が捉えた難民と苦境

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 2

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 3

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 6

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 9

    「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?

  • 10

    「ブレグジット大混乱」報道では見えない真のイギリ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!