Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.12.25号(12/18発売)

特集:中国発グローバルアプリ TikTokの衝撃

2018年12月25日号(12/18発売)

Cover Story

世界に広がる中国発の動画アプリTikTok 10代・20代が夢中になるその秘密とは

ビジネス 世界がハマるTikTokとは何物か
■解説 ゼロから分かるTikTokの仕組み
安全対策 子供も夢中の15秒動画は他のSNSより危ない?
中国企業 生まれながらの世界基準
国外進出 中国テック企業を警戒すべきか

RETROSPECT 2018

激動と混乱の2018年を振り返る Migrants&Refugees
Conflicts
Politics
Disaster&Environment
Society
【PERISCOPE】
InternationaList
ANTARCTICA トランプに構わず南極氷河は溶解中
BRITAIN 首相続投でもブレグジットに出口なし
UNITED STATES 教会の性的虐待に「#ChurchToo」
EGYPT 黄色ベストに怯えるエジプト独裁政権
BY THE NUMBERS 欧州はトランプよりプーチンが好き
NORTH KOREA 権力闘争に敗れた金日成夫人の死
GHANA 「差別主義者」マハトマ・ガンジー
TECHNOLOGY AIが招く2030年のディストピア
FRANCE 黄色いベスト運動はマクロン辞任まで続く?
Asia
SOUTH KOREA KTXで事故頻発、お寒い韓国鉄道事情
U.S. Affairs
「 関税マン」が招くのは貧乏なアメリカ
大統領のお膝元NYで州司法長官が宣戦布告
トランプを脅かす元側近の反乱
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 イエメン停戦合意もなおくすぶる火種
サイバー ファーウェイ事件と米中5G争い
視点 米国法の「域外執行」という無法
テクノロジー 目指せ、静かな超音速旅客機
サイエンス 「恐怖の蚊」の全遺伝情報を暴く
【LIFE/STYLE】
Books あの人に今年話題の本を贈ろう
Technology この冬、買うべきスマートスピーカーは
Theater 21世紀に蘇る『ネットワーク』の狂気
Fitness ゆっくり走って老化に勝とう
Movies 『シュガー・ラッシュ』の2人がネットで大暴れ
Movies いい人役を脱ぎ捨てたユァンの新境地
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 黒塗り資料に浮かび上がるのは(パックン)

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 2

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 3

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 6

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 9

    「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?

  • 10

    「ブレグジット大混乱」報道では見えない真のイギリ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!