コラム

湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

マインド・アップロードは可能?──MITを巻き込み世界的権威が真っ二つ

AI新聞からの転載 脳内の情報のやり取りは、ほとんどが電気信号。なので脳内の電気信号のやり取りの仕組みを、そのまま電子回路で再現できるはず。

2018.04.23
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

AI新聞のリライト 「AIスピーカーって全然使えないっす」。 周りに新しいもの好きの友人が多いせいか、日本でも発売されるやいなや購入した人が

2018.04.19
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

りんながAIスピーカーでしゃべりだす!?マイクロソフトが新技術発表

AI新聞からの抜粋 Microsoftの女子高生AIりんな。今のところLINEなどのメッセージング上で文字の対話しかできないが、今後半年以内

2018.04.09
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

AIクラウドの覇者が史上最大の企業になる!?

AI新聞からの転載 マサチューセッツ工科大学のオウンドメディアMIT Technology Reviewは、「How the AI clou

2018.04.06
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

倫理をAIで科学する エクサウィザーズ社長石山洸

AI新聞より転載 道具や技術は、人を幸せにも不幸にもできる。ハサミでも原子力でもそれは同じで、その効力が大きい道具ほど悪いことに使われると被

2018.03.16
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

もう既に不老不死の時代!?「あと10年で、寿命回避速度に入る」レイ・カーツワイル氏

<人工知能の権威でシンギュラリティの提唱者、天才・カーツワイルの最新「不老不死」予測> AI新聞から転載 レイ・カーツワイル氏が、人類はいず

2018.03.05
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

「バカにされよう。主流はこっちだ」デジハリ杉山学長が考えるAI時代の教育とは

AI新聞からの転載 合理的思考では、AIが人間を超える時代。そんな時代に人間はどのようなスキルを身につければいいのだろうか。またそうしたスキ

2018.02.16
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

21世紀最大のビジネスチャンス「ヘルスケア」に挑むAmazonの可能性

AI新聞から転載 Amazon、Berkshire Hathaway、JPMorgan Chaseの3社が、米国内従業員のための独自のヘルス

2018.02.09
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

健康経営は長期的視点で=米Amazonなど3社が合弁会社設立

AI新聞から転載 Amazon、Berkshire Hathaway、JPMorgan Chaseの3社が、3社の米国内従業員のための独自の

2018.02.02
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

スタンフォード大学ビジネススクール、AI時代にそなえデータ分析を必須科目に

この記事はAI新聞からの転載です AIが進化すれば社会が大きく変化するのは間違いない。その社会変化を前にして教育はどう変化すべきなのだろうか

2018.01.30

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 6

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 7

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 8

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 9

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 10

    米朝会談「アメリカは高潔・聡明、敵はクレイジー」…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 8

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 9

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!