e-World Premium

最新の国際情勢を深堀りする「e-World Premium」。
国際政治・安全保障・経済の専門家と、時事通信社の第一線のジャーナリスト・特派員が世界の「いま」を語り、ニュースの裏側を解説する。紙メディアは発行せず、スマホやタブレット、PCの読者に特化したサービスを展開。月1回発売の最新号とバックナンバーのサンプルは下記サイトにお進みください。各号は電子書店からお求めいただけます。
http://www.jiji.com/service/e-world/index.html

北朝鮮

金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か 超能力伝説でイメージ作りも

2017.12.15
北朝鮮

北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約に必死か

2017.11.08
北朝鮮

金王朝支える作家集団 初の「金正恩小説」は対米決戦勝利のシナリオ

2017.10.19
米海軍

イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

2017.10.12
北朝鮮

北朝鮮に国連経済制裁は効いているのか? なお続く核・ミサイル開発

2017.09.29
北朝鮮

強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

2017.09.14

日本の「料理人帯同制度」は世界でも少数派 おもてなしの是非

2017.08.14
北朝鮮

対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間とともに増す「脅威」

2017.07.28
難民

ビットコイン技術が難民救う!? 11億人「デジタルID」化構想

2017.07.18
中東

断交1カ月、サウジはカタールの属国化を狙っている

2017.07.12
イギリス

エリザベス女王、最長在位の秘訣は食にあり(チョコは別腹)

2017.06.19
北朝鮮

対北経済制裁をいかに効かせるか、過去の中国の「失敗」に学ぶ

2017.05.17
北朝鮮

北朝鮮・シリアの化学兵器コネクション

2017.04.21
アイルランド

復調のアイルランドは英EU離脱で恩恵を受けるのか?

2017.03.30
北朝鮮

続く粛清、北朝鮮の駐英国公使亡命と張成沢殺害の「接点」

2017.02.03
フランス

フランス大統領選、英米に続くサプライズは起きるか?

2017.01.10
日本

スー・チー氏と面会果たしたコシノジュンコさん

2016.11.24
イラク

劣勢のIS、戦勝故事引用のバグダディ声明で殉教攻撃多発か

2016.11.14
インタビュー

トランプ、クリントンいずれでも中国に強硬策は取れず――小原凡司・東京財団研究員に聞く

2016.10.11
ヨーロッパ

英前政権の「負の遺産」、中国の原発参入に安全保障上の懸念

2016.10.05

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月