最新記事

スパイ疑惑

TikTokはアメリカの敵なのか──制裁に二の足を踏むバイデン政権

TikTok Denies Sharing User Information With China Amid Concerns About Safety of U.S. Data

2021年10月27日(水)18時27分
アレックス・ルーハンデ
TikTokロゴと星条旗

TikTokはアメリカにおける中国のスパイか? Dado Ruvic/Illustration -REUTERS

<中国政府に情報を送っているとの疑いから、すでに米軍では全面使用禁止になっている動画投稿アプリTikTokの米州責任者が、上院公聴会に出席>

10月26日に開かれた米上院委員会の公聴会に「TikTok(ティックトック)」幹部が出席し、証言を行ったとロイターが報じている。親会社の字節跳動科技(バイトダンス)が北京を本拠とする中国企業のため、安全保障上の脅威と疑われ、米軍によるTikTokの使用は既に全面的に禁じられている。だが米国事業を担当するこの幹部は、個人情報を中国政府に提供している事実はないと証言したほか、米国人がそうした潜在的リスクにさらされるのを防ぐための対策もとっている、と述べた。

10月26日の公聴会を実施した上院商業委員会の小委員会メンバーである共和党のマーシャ・ブラックバーン上院議員は、TikTokの米州公共政策責任者を務めるマイケル・ベッカーマンに対し、中国政府から要求された場合、同社は個人情報の提供を断わることができるのかと質問した。

「当社は、中国政府と情報を共有していない」とベッカーマンは答えたとロイターは伝えている。「当社では、米国を拠点とする世界的に有名なセキュリティチームが、情報アクセスの監視を行なっている」

中国国有企業の役員がいる?

中国の億万長者、張一鳴(チャン・イーミン)が創業したバイトダンスは、TikTokのほか、中国版TikTok「抖音(ドウイン)」を所有している。多くの未公開株ファンドが出資しているだけでなく、中国国有企業がバイトダンス株の1%を購入し、取締役を送り込んでいると報道されて以来、中国政府からの独立性が疑問視されていると、ニュースサイト「ザ・インフォメーション」は伝える。

国有企業が取締役を送り込んでいる件についてブラックバーンから問いつめられたベッカーマンは、ザ・インフォメーションの報道を否定した。すべての米国ユーザーの個人情報は米国で保存され、データのバックアップはシンガポールに保管されていると述べた。

共和党のジョン・スーン上院議員は別のアプローチで質問を行った。TikTokのアルゴリズムに対する懸念を表明したとロイターは伝えている。TikTokのアルゴリズムは、ユーザーの嗜好をたちまち学習し、ほかの動画を勧めることで知られている。ベッカーマンはそれに対し、同社アプリが収集する個人情報の量は、業界の同業者よりも少ないことが外部の調査により判明している、と答えた。
ドナルド・トランプ前大統領は任期の終盤、バイトダンスに対して大統領命令を出し、TikTokの過半数株を売却させようとした。買い手の候補としてはオラクルとウォルマートが挙がっていたが、バイトダンスは訴訟により、売却を阻止することに成功した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

財政主導で物価2%、インフレ率で規模調整=西田・自

ビジネス

焦点:滴滴出行が米上場廃止へ、中国勢IPOは一層冷

ワールド

ソロモン諸島、首相不信任案を否決 首相は抗議デモ批

ビジネス

独鉱工業受注指数、10月は前月比-6.9% 外需低

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月