最新記事

宇宙開発

ジェフ・ベゾス対イーロン・マスク 宇宙開発をめぐる大富豪の戦いは、ベゾスの負け?

2021年9月7日(火)18時10分
竹内一正(作家、コンサルタント)
ブルーオリジン

今年7月、ブルーオリジンの初の有人飛行を終えてポーズを取るベゾス(左から2人目)Joe Skipper-REUTERS

<世界長者番付で首位を争うアマゾン創業者ジェフ・ベゾスと、スペースXを率いるイーロン・マスクの戦いは、宇宙開発競争でも激しさを増している。『TechnoKING イーロン・マスク 奇跡を呼び込む光速経営』の著者、竹内一正氏が、宇宙開発をめぐる2人の戦いを分析する>

月着陸船の契約をめぐり対立する大富豪

ベゾスの宇宙開発企業「ブルーオリジン」は、スペースXがNASAから独占受注した月着陸船の契約について、企業選定のプロセスに問題があったと米会計検査院に訴えた。だが、それが退けられると、今年8月に連邦裁判所への提訴に踏み切った。

NASAは月面への有人着陸計画「アルテミス」を進めており、月面と月周回軌道を往復する宇宙船にスペースXの「スターシップ」が今年4月に選ばれた。29億ドル(約3000億円)の大型契約で、しかもスペースX1社の独占となった。

この入札には、ブルーオリジンはノースロップ・グラマン、ロッキードマーチン、ドレイパー社との4社連合を作って臨んだ。さらに軍需企業のダイネティックス社がシェラネバダ社と組むなどして、スペースXに対抗したが及ばなかった。

入札の際にスペースXは29億ドルを提示し、さらにイーロン・マスクは、「開発費の半額以上を自社で負担する」と明言した。予算の米議会承認に苦労するNASAにとって、マスクの申し出は大歓迎だった。

こうして月着陸船の契約を獲得しスターシップ開発のギアを上げたスペースXだったが、そこに水を差したのがジェフ・ベゾスだ。

米会計検査院に契約の異議を申し立てたが、それが却下されると今度は連邦裁判所にNASAを提訴した。

しかも、世界一の金持ちベゾスは切り札を切ってきた。月着陸船の開発費に関し「20億ドル(約2200億円)を負担する」と公表し世間を驚かせた。これはマスクの真似だったが、NASAにとってはありがたい申し出だった。現在は裁判所の判断待ちの状況である。

スペースXの衛星インターネット事業「スターリンク」は8兆円の価値がある

ベゾスは、スペースXの衛星インターネット事業「スターリンク」についてもケチをつけた。

スペースXのスターリンクは、地球の低軌道に多数の通信衛星を打ち上げて、世界中のどこでも高速インターネットが使えるようにする事業だ。

スペースXは総計約1万2000基のスターリンク衛星をファルコン9で打上げる計画で、2020年8月には米国北部でベータ版サービスを開始した。通信速度は50Mbpsで、接続機器の初期費用が499ドル、月額料金は99ドルだ。スターリンク衛星は最終的には約4万2000基になる壮大な計画で、世界の情報格差を解消できると期待の声が上がっている。

地球全体で見ると、インターネットが使えないエリアは少なくない。その上、地震や台風などの大規模災害時に携帯基地局がダメになり、ネットもスマホも使えない事態が度々起きてきた。

しかし、そんな時でも衛星を使ったスターリンクだと問題なくインターネットが使え、救助や生活支援にも大変役に立つ。潜在的な需要は莫大にある。

それを裏付けるように、スターリンク事業の価値は「810億ドル(約8兆5000億円)」とモルガンスタンレーは高い評価を付けていた。

現在スペースXのスターリンクの利用者数は約7万人で14カ国に及び、衛星は約1500基が稼働している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

ワールド

アングル:対中関係で「責任」示せるか、米政権が首脳

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年越しに根絶 米

  • 4

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 8

    映画『アメリカン・スナイパー』のネイビー・シール…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    日本語を職業にする外国人だからこそ分かる「日本語…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 5

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月