最新記事

テレビ

東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

Olympic TV Ratings: How Many People Will Watch The 2021 Tokyo Games?

2021年7月27日(火)20時31分
アンソニー・リッコボーノ(IBタイムズ記者)
国立競技場

史上最も静かなオリンピックとなった東京大会 Yukihito Taguchi-USA TODAY Sports

<パンデミックの影響で異例の1年延期、ほぼ無観客、さらに開催都市への関心も今ひとつ?>

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のなか開幕した東京五輪は、近代五輪史上で他に類を見ない異例の大会となっている。だが、偉大なアスリートたちが競い合う雄姿を、テレビで視聴する人がどれだけいるのだろうか。多くのプロスポーツリーグが視聴者数の減少に頭を悩ませるなか、東京五輪もまた、TV視聴率が振るわない結果となる可能性がある。

アメリカ国内でオリンピック・パラリンピックの独占放映権を持つNBCには、視聴者を確保する上で幾つもの難題に直面している。まず、パンデミックの影響で東京五輪が1年延期されたこと。日本での新型コロナ感染拡大により、東京大会はほぼ無観客での開催が決定していることも、大会の様相を大きく変える要因だ。

予定どおり2020年に開催されていたとしても、東京五輪に対する人々の関心は薄かった可能性がある。スポーツ・メディア・ウォッチ社によれば、2016年のリオデジャネイロ五輪では、NBCのゴールデンタイムの放送視聴率は平均14.4%(視聴者数2540万人)。視聴率が良かった2012年のロンドン五輪から18%の減少で、夏季五輪のテレビ視聴率としては、2000年以降で最低だった。2008年の北京大会では、ゴールデンタイムの平均視聴率は16.2%(視聴者数は平均2770万人)だった。

プロスポーツも無観客は低視聴率

ハリウッド・リポーター誌によれば、アメリカではケーブルテレビまたは衛星放送の加入世帯数が、2016年の8600万から、2021年のはじめには7700万にまで減っている。この数字にはHuluライブとYouTubeライブの購読世帯数も含まれるため、オリンピックの視聴率がさらに下がることは避けられないかもしれない。

視聴者は、各競技会場に観客が入っていないことを嫌うだろうか。それは分からないが、NHL(北米プロアイスホッケーリーグ)、NBA(米プロバスケットボール)やMLB(大リーグ)はいずれも、無観客試合のテレビ視聴率が低かった。それでも、そのほかの数多くの要素の方が、視聴率にもっとずっと大きな影響を及ぼしたことは明らかだ。

NBCスポーツの広報担当者はハリウッド・リポーターの取材に対して、「東京五輪が無観客で開催されることには落胆しているが、我々はずっと以前から、NBCの数多くのプラットフォーム上での視聴体験を充実させるための計画を推し進めてきた」と述べ、さらにこう続けた。「パンデミックの発生以降、無観客のイベントは数多く経験してきた。無観客は残念ではあるが、だからといってアメリカをはじめ世界中のアスリートたちの素晴らしい物語や成果が損なわれることはない」

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 5

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 6

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 7

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 8

    医療用途を優先 酸素不足でロケット飛べず...NASA、…

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら人生が急展開した

  • 4

    中国系スーパーヒーローが活躍するマーベル新作映画…

  • 5

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    <閲覧注意>命懸けで離陸する米軍機に取り付き、落…

  • 10

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月