最新記事

バイデン新大統領

「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノンは失意のどん底

QAnon Followers Express Disappointment on Social Media After Inauguration

2021年1月21日(木)14時52分
ナタリー・コラロッシ

Qアノンの信奉者たちは「トランプ続投」の大逆転を信じてきた REUTERS/Cheney Orr

<陰謀論者は常に外れた予言を都合よく無視するので、Qアノンもそう簡単になくならないという専門家の声も>

ドナルド・トランプ前米大統領を支持してきた陰謀論集団「Qアノン」は、1月20日にジョー・バイデンが無事第46代米大統領に就任したことに落胆している。

謎の陰謀論者「Q」を信奉するQアノンのフォロワーたちはこの数週間、バイデンの大統領就任によって「大覚醒」が訪れると信じてきた。「大覚醒」とは、トランプが遂に、アメリカを陰で操る「ディープステート(闇の政府)」や児童買春集団の世界的ネットワークを暴露し、2期目の続投を決める日のことだ。

だがバイデンの大統領就任式が何事もなく終了したことで、一部の信奉者は「騙された」と感じ、失望している。

インターネット上にあるQアノンの複数のチャットルームには、大覚醒が実現しなかったことについて「悲しいし混乱している」という書き込みや、トランプが自分たちを「裏切った」と憤りをあらわす書き込みが寄せられた。

ある人物は「全てが終わったが、まったく納得できない」と投稿。そのほかの複数の人物は、Qアノンはもう「終わった」として、仲間たちに「目を覚ます」ように促した。また別のQアノン信奉者は暗号化メッセージアプリ「テレグラム」上にあるQアノンのチャンネルに「我々がみんなもて遊ばれたなんて納得できない」と書き込んだ。

わずかな希望にしがみつく者も

「Q」本人ではないかと囁かれてきたロン・ワトキンスまでもが、20日にテレグラムにQアノンの投稿の「管理者」を退くと投稿。信奉者たちに「自分たちの生活に戻る」よう促した。

「新しい大統領が就任した。合衆国憲法を尊重するのが、私たちの市民としての責務だ」とワトキンスは書き込み、こう続けた。「この数年間でできた全ての友人や、共に築いてきた幸せな思い出を忘れないで欲しい」

しかし中には、わずかな希望にしがみつこうとする者もおり、彼らは仲間の「アノン」たちに、踏みとどまって今後の(不確実な)展開を待とうと呼びかけた。

「あと数時間、あるいはあと数日踏みとどまろう。もしかしたら彼らには秘密の切り札があって、大覚醒を金曜日まで延ばせるのかもしれない」とある人物は投稿した。「いい加減な情報や否定的な情報で落ち込むべきじゃない」

バイデンが就任宣誓を行った直後、Qアノンのインフルエンサーとして知られる@MajorPatriotは複数のツイートを投稿(その後、彼のアカウントは停止された)。「私たちは今テレビで、アメリカ史上最大の罪が犯される瞬間を目の当たりにした」と書き込み、陰謀論を支持し続けていることを明らかにした。

ニュース速報

ワールド

中国・新疆の企業、強制労働疑惑で外国人研究者を提訴

ワールド

仏首都圏の封鎖検討せず、コロナ変異種で医療逼迫=保

ワールド

中国、新型コロナワクチン接種証明書の発行開始 海外

ワールド

デジタル関連法案の資料で多数の誤字、大変遺憾=官房

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書が発表、その成果は......

  • 2

    アメリカの不用品セールで買った茶碗、5400万円超の中国の骨董品だった

  • 3

    大企業に派遣で入り、34歳で執行役員になった男が日本企業の「決められない」体質から学んだこと

  • 4

    3.11被災地を取材し続けてきた櫻井翔が語る「記憶」…

  • 5

    大量の溶岩流に1000メートル以上の噴煙... それでも…

  • 6

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    マスクを燃やせ!米アイダホ州で着用義務化に抗議 …

  • 9

    世界の人々が実践している幸せになるための8つの秘訣

  • 10

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月