最新記事

台湾

トランプが台湾に売った対中兵器の中身

U.S. Pushes Three Weapons Deals With Taiwan to Counter China Threat

2020年10月14日(水)17時00分
デービッド・ブレナン

人民解放軍の台湾侵攻に備えて訓練する台湾軍(2018年1月) Tyrone Siu-REUTERS

<中国の台湾侵攻を防ぐための武器売却だが、中国はそれが台湾をますます危険な立場に追い込むと警告する>

台湾の独立をめぐって中国からの圧力が高まるなか、ドナルド・トランプ大統領は、台湾への大量武器販売を進めている。

トランプ政権は10月12日、以前から準備を進めていた7種類の武器の台湾向け売却計画のうち、3種類の武器売却について議会に通知した。このところますます強硬姿勢を強めている中国共産党に対して、台湾政府を支持するアメリカの姿勢を強調する動きだ。

3種の武器売却計画を議会に通知したことを最初に報じたのはロイターだった。同時に3種類の武器が、ロッキード・マーティン社の移動式ロケット砲システム「HIMARS(ハイマース)」と、ボーイング社の空対地巡航ミサイルSLAM-ER、F-16戦闘機用の機外携行型センサーポッドであることも報じられた。

まだ議会に通知されていないが、高度なドローン、陸上対艦ミサイル、水中に設置する機雷などの売却も予定されている。すべては、中国軍の海からの上陸を阻止することを目的としている。ロイターによれば、情報筋は、残りの4種類の武器売却計画の通知も、まもなく議会に送られるだろうと語った。

ヤマアラシ戦略を支援

アメリカは長い間、中国政府からの度重なる抗議にもかかわらず、武器の販売を通じて台湾の独立を支持してきた。中国政府は、台湾に対するアメリカの武器販売が地域の平和を脅かし、台湾もより危険な立場になると繰り返し警告してきた。

アメリカ政府は台湾を正式に国として認めていないが、1979年の台湾関係法で、中国の侵略に対して台湾の防衛を支援するという暗黙の約束がある。

台湾は、国共内戦の終結以来、敗北した国民党勢力の最後の砦として独立を維持している。中国共産党はこれまで、外交的手段であれ武器の力であれ、「一つの中国」政策の一環として、台湾を支配下に置くことを目指してきた。

国家安全保障を担当するロバート・オブライエン大統領補佐官は先ごろ、台湾は防衛方針として「ヤマアラシ」戦略を採用すべきだと語った。「ライオンは一般的にヤマアラシを食べたがらない」からだと、中国をライオンになぞらえた。

議会の承認に向けて通知された 3種類の武器売却計画は、確かに台湾のヤマアラシの針を増やす効果があるだろう。中国が台湾を武力で支配するには水陸からの攻撃が不可欠で、人民解放軍は以前から公然とその準備をしている。今回売却する武器はどれも、中国軍から台湾を防衛するためのものになるだろう。

ニュース速報

ワールド

ASEANはミャンマーへの圧力強める必要、米が訴え

ワールド

トランプ氏、納税記録の開示に反対へ=弁護士

ワールド

豪中銀、政策金利据え置き、予定通り債券買い入れ縮小

ワールド

北朝鮮、非核化協議再開へ燃料・金属貿易巡る制裁解除

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    元男性が女子の重量挙げに出るのは不公平じゃないの? 五輪史上初のトランスジェンダー選手にくすぶる批判

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 5

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 6

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    人生はほとんど運。運が良い人・悪い人の決定的な差…

  • 10

    「一度壊れると元には戻らない」 コロナに打ち勝つ免…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月