最新記事

英王室

小児性愛の大富豪エプスタインと児童買春に関わったのか?──英アンドルー王子がBBCに生出演

Prince Andrew Stayed in Epstein's Party Mansion Because It Was 'Convenient'

2019年11月18日(月)17時20分
タレク・ハダド

6月22日、母エリザベス女王とともに馬車でロイヤル・アスコット競馬場に向かうアンドルー王子 John Sibley-REUTERS

<児童性的虐待や売春斡旋容疑で逮捕され自殺した米大富豪エプスタイン被告の邸宅にアンドルー王子が滞在中に、美少女の出入りが目撃され、写真も撮られている。王子は疑惑に何と答えたか>

イギリスのアンドルー王子(59)が、少女への性的虐待や売春斡旋容疑で逮捕され、8月に自殺した米富豪ジェフリー・エプスタインとの関係について公の場で初めて語った。王子は「便利な場所だったから」エプスタインのニューヨークの豪邸に泊まったものの、彼が性犯罪者として登録されていたことは知らなかったと述べた。

BBCの独占インタビューに応じた王子は疑惑を否定したが、必ずしも納得がいく答えばかりとはいえない。

ニューヨークのアッパーイーストサイドにあるエプスタイン邸を訪ねたのは、彼が児童売春に関与した罪で服役していた刑務所を出た5カ月後の2010年12月のことだった、と王子は述べた。

「高潔なこと」をしたい、つまり、じかに顔を合わせて交際を断ちたいと思ったからだという。ちなみに4日間にわたる王子の滞在と同じころ、エプスタイン邸を出入りする若い女性たちの姿が何枚も写真に撮られている。

「彼が有罪判決を受けたため、私たちが一緒にいるところを見られるのは不適切だと伝えることだけを目的に(エプスタイン邸に)行った」と王子は語った。

「私は多くの人から相反する助言を受けた。彼に会いに行けと言う人もいれば、会いに行くなと言う人もいた。だから自分の考えで決断した。これは重大な問題で、電話で済ませるのは臆病者のやり方だと感じたんだ。自分で会いに行って話さなければならないと」

<参考記事>未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メディアが大騒ぎする理由

女性に手を振って見送る写真

滞在中、王子とエプスタインがセントラルパークを一緒に歩いている姿が写真に撮られている。王子によれば、もう会うつもりはないとエプスタインに告げたのはこの時だったという。

セントラルパークを歩くアンドルー王子(左)とエプスタイン


だが英紙メール・オン・サンデーに掲載された写真には、その翌日、エプスタイン邸の玄関でアンドルー王子が手を振って「かわいい茶色の髪の女性」を見送る様子が捉えられている。ちなみにその1時間前に家を出たエプスタインは、金髪の若い女性(年齢は不明だが、背丈はエプスタインの肩にも届いていない)を伴っていた。

写真の報道を受けてバッキンガム宮殿は「未成年との不品行に関するいかなる示唆も絶対に真実ではない」と、強い語調で王子の関与を否定した。

<参考記事>ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語るメーガン妃、率直な告白に大きな反響

BBCとのインタビューでエプスタイン邸での滞在について問われた王子は「泊まるのに便利な場所だった」と述べた。「これについてはさんざん考えてきたが、結局のところ、後になってみれば、それはまったく間違った行動だった」

「だが当時は、それが高潔な正しい行為だと思っていた。高潔さにこだわりすぎる自分の性向が判断に影響を与えた可能性は全面的に認めるが、それはどうしようもなかった」

ニュース速報

ビジネス

日経反発し493円高、ソニーは続騰し19年ぶり高値

ワールド

新型コロナ、東京都内で新たに119人の感染確認=小

ワールド

インタビュー:東京五輪は来年開催すべき、難局克服の

ワールド

豪シドニー近郊でクラスター発生、新型コロナ第2波へ

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失ったもの

  • 4

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 8

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 9

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 10

    日本人とアラブ人が考える「理想の仕事」の違い

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月