最新記事

米朝首脳会談

金正恩、そしてトランプもシンガポール到着 厳戒態勢で市民生活に影響も

2018年6月10日(日)21時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)

シンガポールに降り立った金正恩国務委員長 REUTERS

<米朝首脳会談に向けて北朝鮮の金正恩国務委員長、そして米国のトランプ大統領がシンガポールに到着。現地は極度の緊張に包まれている>

歴史的な米朝首脳会談を12日に控えた東南アジアの都市国家シンガポールには10日、午後2時45分ごろ(日本時間午後3時45分ごろ)に金正恩・朝鮮労働党委員長が搭乗したエアチャイナ機747が、午後8時25分ごろ(日本時間午後9時25分ごろ)にはトランプ米大統領のエアフォースワンが到着した。

金委員長は宿泊先のホテルに向かった後、夕方からシンガポールのリー・シェンロン首相との会談に臨んだ。トランプ大統領もリー首相と11日に会談が予定されている。その後両首脳は12日午前9時(日本時間同日午前10時)から初の米朝首脳会談にセントーサ島のカペラホテルで臨む。

シンガポールのチャンギ国際空港は6月に入ってから警戒態勢が高まった。以前はなかった全ての国際線到着客の機内持ち込み手荷物が入国審査前に行われ、危険物のチェックが行われていた。空港内では小火器を携行して巡回する兵士や警察官の数も増えるなど水際での厳重な警戒が続いていた。

過熱する報道合戦

シンガポール政府は首脳会議に先立って治安情勢に必要以上に神経をとがらせており、6月初めには日本を含む海外からの報道各社に対し、「身柄を拘束することもありうることを理解するべきだ」と要請。特に北朝鮮側の要人への必要以上の取材を禁止した。

一説によると韓国メディアの一部が事前折衝のためシンガポール入りしていた北朝鮮要人の乗った車両を小突いたためとされている。

また6月7日にはシンガポールの北朝鮮大使の公邸敷地内に韓国・KBS放送の記者2人が「不法侵入」した容疑で逮捕されるなど、緊張が高まっている。両記者は首脳会談取材の記者登録を取り消される可能性も出ている。

シンガポールは「官製報道」による「報道規制」が厳しく、今回の米朝首脳会談も海外からの約3000人の取材陣を国際メディアセンターに集めて「自由な取材」を制限しようとしている。シンガポール側は「混乱を避け、報道陣の安全を確保するため」としているが、「マスコミといえどもシンガポール国内では国内法の遵守が求められる」として法による規制を「当然のこと」として海外のマスコミに秩序ある報道を求めている。

その一方、シンガポールの独占的報道機関であるメディアコープの「チャンネル・ニュース・アジア」は、歴史的首脳会談にシンガポールが選ばれた背景には「安全で米朝両国との良好な関係」を理由として挙げ、当局による海外報道陣への規制は「治安上当然のこと」と政府と同じ見解を示しながらも独占的立場から「完全な首脳会談のカバー」を喧伝している。


金正恩国務委員長のシンガポール到着を伝える韓国メディア KBS News / YouTube

ニュース速報

ワールド

トルコ、米製品に報復関税 車やアルコールなど対象 

ワールド

米共和党予備選、注目州のウィスコンシンとミネソタで

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放を拒否=弁護士

ビジネス

中国の成長目標、貿易戦争あっても確実に達成 債務抑

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    アンコール・ワットは、夏に行ってはいけない

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月