最新記事

北朝鮮

「エリート女学校長は少女達を性の玩具として差し出した」北朝鮮元幹部が証言

2018年6月7日(木)11時30分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

平壌中心部の万景台学生少年宮殿で体操の練習をする北朝鮮の少女たち Damir Sagolj-REUTERS

先日来、韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使の自叙伝『3階書記室の暗号 太永浩の証言』(原題)の内容に言及しているが、同書には実に驚くべき記述があふれている。

たとえば金正恩党委員長の叔父・張成沢(チャン・ソンテク)元朝鮮労働党行政部長の粛清を巡っては、1万人余りが連座させられ、粛清されたとされている。太永浩氏によれば、そこには「映画『幹は根から育つ』に出演した女優をはじめ、張成沢の"オンナ"であると見られた何人もの芸能人が逮捕され、姿を消した」という。

ここで言われている女優とは、一時は北朝鮮の銀幕スターだったキム・ヘギョンのことだ。

参考記事:【写真】女優 キム・ヘギョン――その非業の生涯

彼女の悲惨な運命については、脱北者で平壌中枢の人事情報に精通する李潤傑(イ・ユンゴル)北朝鮮戦略情報センター代表も詳しくレポートしており、粛清情報は太永浩氏の証言と一致する。

そしてより驚くべきは、太永浩氏の次の証言である。

「万景台(マンギョンデ)区域にある金星高等中学校の校長も、『中央党5課』に選抜された幼い女学生たちを、張成沢の性のオモチャとして差し出したとの理由で逮捕された」

金星高等中学校は、金正恩氏の美貌の妻・李雪主(リ・ソルチュ)氏も卒業したエリート女学院、金星学院の一部だ。音楽家や舞踊家などを養成しており、海外のスポーツ大会に派遣される「美女応援団」のメンバーも、大部分がここから選抜される。

海外に出る学生たちは当局により厳しいチェックを受けるが、中には違った意味で「管理」される少女たちもいる。それが、「5課対象」と呼ばれる学生たちだ。

ここで言われる「中央党5課」は、要するに「喜び組」などを選抜・管理する部署だ。太永浩氏はこの組織についても詳しく解説しているのだが、それについては次の機会に言及したい。

金星学院の学生たちが、「秘密パーティー」のコンパニオンとして動員されているとの話は、以前から聞いていた。

参考記事:北朝鮮「秘密パーティーのコンパニオン」に動員される女学生たちの涙

しかし、ここまで露骨な証言は初めてである。張成沢氏に死刑を宣告した特別軍事法廷は、同氏が数多くの女性と不倫関係を持ち、数百万ドルを海外での博打で蕩尽し、違法薬物を服用したと指摘した。そうした内容を含む判決は全文が労働新聞で公開されており、それを読んだ北朝鮮国民は、張成沢氏個人よりは権力層の腐敗した実態に激怒したとされる。

金正恩氏は叔父に手をかけることにより、はからずも、金王朝の暗部を自ら暴いてしまったというわけだ。


[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。
dailynklogo150.jpg

ニュース速報

ワールド

サウジ失踪記者、死亡の公算大=トランプ米大統領

ビジネス

米FRB副議長、幾分ハト派的な金利の道筋想定 成長

ビジネス

ユーロ下落、欧州委がイタリアの財政規律違反を指摘=

ビジネス

イタリア予算案、EU財政規律を大幅に逸脱 欧州委が

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    「現代の奴隷」世界で4600万人、日本も29万人が奴隷状態

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    人殺しの息子と呼ばれた「彼」は、自分から発信する…

  • 6

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 7

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 8

    拘留の亡命ウイグル族を釈放 マハティール首相、中…

  • 9

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 10

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 3

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 4

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月