最新記事

動物

2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様な姿... 

2018年4月9日(月)17時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

2人の男性の手によってシカはようやくガラス球から解放された。その後MCSPCAと州の担当部門に連絡してシカは保護された。直後は衰弱した様子で横たわり、息をするのも辛そうな様子だったが、獣医の治療の甲斐もあり保護から4日目にやっとエサを食べることができた。

MCSPCAの報告では、シカはすでにこのエリアから姿を消していて、群れに合流できたと考えられている。

deer02-180409.JPG
CBS New York-YouTubeより


散歩中に目の前を横切った「プラスチック瓶」

奇妙な生物の目撃情報は他の地域でも。カナダ・トロント近郊で愛犬の散歩をしていたメーガン・オコナーは、不思議な生物に遭遇した。

突如、歩くプラスチック瓶が視界に飛び込んできた。理解しがたい状況に、何が起こっているか確かめるべくオコナーはその不思議な生物のそばに寄った。そして全体像を捉えると、プラスチック瓶に頭を突っ込んだ動物だと分かり驚いた。

この時はまだ何の動物か判別できなかったが、息があることは確認できた。オコナーはプラスチック瓶から救出を試みたが、きつすぎてなかなか抜けない。すぐに専門機関に救助を要請し、大人2人がかりの力によりプラスチック瓶からようやく顔を見せたのは、オスのアライグマだった。

アライグマは鼻と足に怪我をしていて、全身がべたべたと脂っぽかった。救助にあたった専門家らは、プラスチック瓶はマヨネーズの容器だったと考えている。

幸いにもアライグマの健康状態はそれほど悪くなかった。トロント野生動物センターの担当者は、アライグマはプラスチック瓶に囚われてから比較的早く救助されたと説明した。もしも発見が遅れていたら、窒息死か、飢え死にの2択だ。

幸運なアライグマは5日間の治療の後に、森に帰って行った。アニマル・ビーイング・キュートによると、このように人間の出したゴミに体の一部を捉えられてしまう動物は何千匹もいて、救助されるのはほんの一握りだ。氷山の下には人知れず死んでいく動物たちが想像以上にいるのだ。

今ならうるせぇトリのスタンプGET!

ニュース速報

ビジネス

8月欧州自動車販売は前年比+19.8% 新燃費基準

ビジネス

金融緩和、いつまでも続けたいわけではない=黒田日銀

ワールド

訪日外国人8月は災害で伸び鈍化、観光庁「マイナス影

ワールド

南北両首脳の努力に敬意=平壌宣言で菅官房長官

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20年で肉声公開へ

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    中国、海上自衛隊が南シナ海で行った対潜戦訓練を強…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    【写真特集】2人の王子とダイアナが過ごした幸せな時間

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9億ドル

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    危険な熱帯低気圧、世界で9個同時発生:洋上に並ぶ姿をとらえた衛星写真

  • 4

    大型ハリケーン「フローレンス」上陸迫る 米国直撃…

  • 5

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    空港にトイレより汚い場所があった 全員が触るのに

  • 8

    大型ハリケーンを前に動物が避難 フラミンゴは優雅…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    【写真特集】2人の王子とダイアナが過ごした幸せな時間

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 3

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    良かれと思ったレイプ防止策、逆に女性への攻撃性を…

  • 9

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 10

    空港にトイレより汚い場所があった 全員が触るのに

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月