最新記事

米朝関係

北朝鮮の姿勢軟化は制裁の成果か、時間稼ぎか

Kim to Trump: Let's Make a Deal

2018年3月16日(金)15時30分
キース・ジョンソン、ダン・デ・ルース

今月訪朝した韓国特使団を笑顔で迎える金正恩 KCNA-REUTERS

<北朝鮮からの突然の米朝首脳会談の申し出に本気度を試されているのはアメリカ政府のほう>

北朝鮮がアメリカ側のコートに、国際社会を驚かせるほど強烈なボールを打ってきた。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が唐突に、ドナルド・トランプ米大統領との首脳会談を提案したのだ。しかも最終的な核の放棄をちらつかせながら。これに対してトランプも、今年5月までに米朝会談を実現させる意向を表明した。

北朝鮮からの会談提案は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の対話攻勢と、トランプ政権の圧力強化の成果のようにみえる。果たしてアメリカ政府は、このボールをうまく打ち返せるだろうか。

「トランプ政権がこれまで最大限の圧力をかけてきたのは、北朝鮮を核放棄に向けた交渉の場に引きずり出すためだ」と、ジェニー・タウン(米ジョンズ・ホプキンズ大学高等国際問題研究大学院米韓研究所アシスタントディレクター)は言う。「そこへ金のほうから対話を持ち出してきた。さあ(アメリカは)どうする? 今度はアメリカの本気度が試される番だ」

金から米朝会談が提案されたのは、3月5日に行われた金と韓国の特使団との会談でのこと。この会談自体、金が最高指導者に就任してから初の韓国政府高官との接触として注目を集めていた。その席で金は、核開発問題を含めてアメリカとの国交正常化交渉に前向きな姿勢を示したという。北朝鮮の体制存続が保障されるなら核を保有する理由はないとし、対話の継続中は核・ミサイル実験を凍結するとの意向も示した。

北朝鮮問題をめぐってはこのところ緊張が高まる一方で、最悪の場合、東アジアでの核戦争に発展するのではないかとの懸念が広がっていた。

アメリカ政府は人材不足

この状況を打開するため、既に北朝鮮と韓国は4月末に板門店で首脳会談を行うことで合意している。一連の動きについてトランプは「前進の可能性あり」としつつ、「裏切られるかもしれない。どちらへ転んでもアメリカは強い姿勢で臨む」とツイートしていた。

アメリカと国連主導の制裁が強化され、アメリカが限定的な先制攻撃に出るとの臆測も流れるなか、韓国政府はピョンチャン冬季五輪を最大限に利用して北朝鮮との対話に踏み込んできた。その結果、トランプも対話を受け入れざるを得なくなった。

トランプ政権にとって、本格的な外交交渉は初体験だ。しかも人材が不足している。国務省の北朝鮮担当特別代表だったジョセフ・ユンは前触れもなく辞任した。核問題をめぐる6カ国協議でアメリカの次席代表を務めたこともあり、次期駐韓米国大使の本命とされていたビクター・チャは、土壇場になって候補から外された。2人とも北朝鮮問題の大ベテランだ。

ニュース速報

ワールド

焦点:トルコ・タントラムか、市場は通貨危機の伝染を

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 4

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月