最新記事

テクノロジー

顔認識でそっくりさん絵画を探すグーグルアプリ

Is Face-matching a Problem?

2018年2月14日(水)17時00分
カスタリア・メドラノ

自撮り写真を解析してよく似ていると思われる絵画を選んでくれる Screengrab via Google Arts and Culture

<顔認証を応用した遊び心で大人気に――だがプライバシーや差別問題への懸念も>

最近、インターネットで大きな話題となっているのが、グーグルによる美術作品鑑賞アプリ「グーグル・アーツ&カルチャー」だ。アプリ自体は2016年に発表されたものだが、世界1200カ所以上の美術館の収蔵作品からユーザーとそっくりな顔を探し出すという機能を新たに搭載、人気が爆発した(ただしこの機能を利用できるのは現在、アメリカ国内の一部のみ)。

手順はスマートフォンで自撮りをして、画像をアップロードするだけ。すると写真を解析・検索し、似ている(とされる)顔の絵を提示してくれる。

このアプリに使われているような顔認識のソフトウエアは顔のパーツや目立つ部分を分析し、指紋ならぬ「顔紋」を導き出す。これを支えているのは、人工知能(AI)を使ってコンピューターが自力で新しい情報を学び取る機械学習の技術だ。

テクノロジー企業による顔認識技術の応用はいろいろあるが、今回のグーグルのアプリはそれを美術に親しむ手段として活用した好例だ。その一方で、顔写真を使うことによるプライバシーの問題を懸念する声も一部で上がっている。

グーグルによれば、アップロードされた自撮り写真が機械学習プログラムの訓練やデータベースの構築など他の目的に使われることはない。だが大量の顔データが目的外使用されることは本当にないのか。ツイッター上でも「監視国家による顔認識の前段階だ」とか「グーグル・アーツ&カルチャーのユーザーさんたち、おめでとう。国家安全保障局(NSA)の顔認識データベース入りしたぞ」といった声が聞かれる。

ニュース速報

ワールド

豪首相、年内に訪中へ 貿易問題解消へ関係改善を模索

ワールド

メルケル独首相、中国訪問で相互市場アクセスや知的財

ワールド

中国住宅省、地方政府の不動産価格抑制策に対する検査

ビジネス

中国金融部門の開放、互恵の原則で実施へ=銀行保険監

MAGAZINE

特集:統一朝鮮本当のリスク

2018-5・22号(5/15発売)

人口7600万人の新国家が朝鮮半島に誕生したとき戦略なき日本は「地経学」的チャンスを失うかもしれない

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 3

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 4

    脱北者の遺体を氷の上に放置......北朝鮮「国境警備…

  • 5

    イスラム教徒に豚とアルコールを強要する中国・ウイ…

  • 6

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 7

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 8

    北朝鮮の首都・平壌が「薬物中毒・性びん乱」で汚染…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 7

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 10

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月